スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

私的2011年楽曲カウントダウン 20位→11位

今年もたくさんのいい音楽に囲まれましたよ。特に今年の特徴は過去の曲をあまり聴かなくなったことなので、中毒性の高い曲が多かったんでしょう。
iTunesでの再生回数上位20曲を備忘録も兼ねてカウントダウンします(1Discにつき1曲ルール)。年末っぽいすね!



20位 松浦亜弥 - subject:さようなら

リリース日が12月22日と相当なハンデなのに(再生回数的に)、この場所に松浦を紹介できるのがほんとうに嬉しい!COTTON CLUBで2年ぶりに見て、本当にいいオンナになったのと、普通にすげー歌上手くね?20代でここまで歌い上げられるポップシンガーっていなくね?って客観的に思った(たぶん客観的じゃないけど)。竹内まりや節の最高に暗い、暗すぎる曲をクリスマス前にドロップするのがとても素敵と思った。来年はもっとたくさん楽曲を聴きたい。ぜいたくじゃないよね?

松浦亜弥 10TH ANNIVERSARY BEST(DVD付)

松浦亜弥 10TH ANNIVERSARY BEST(DVD付)


19位 さよならポニーテール - あの頃

デビューアルバムは良くも悪くも「さよポニ」色を全面にだそうとしすぎて、ちょっと毛色に合わなかったというか、押し付け感がきつかったんだけど、2ndアルバムの「魔法のメロディ」は良質なシティーポップに仕上がってて超好み。収録の「あの頃」「ナタリー」そして、「あの頃…」が泣ける曲。泣くよ。泣かすなよ。

魔法のメロディ(初回生産限定盤)(2CD)

魔法のメロディ(初回生産限定盤)(2CD)


18位 KIDO YOJI - AM 3:33

超かっこいい。タワレコ試聴して見つけた曲。極めてアナログ的だけど、こういう出会いのほうが残ったりするんだよね。制作、卸し、販売店ともどもすべて音楽産業は厳しいだろうけども、頑張って欲しい。ちなみに20代前半なんだって。すごい達観した才能だよね。

Call A Romance

Call A Romance


17位 難波章浩 - WILD AT HEART

ハイスタ難波のメロコア復帰の実質第1弾シングル。そしてこれがハイスタ復活の狼煙だったのでした。ハイスタ楽曲と比べると2,3段劣ってしまうんだけど、嬉しくていっぱい聴いたなぁ。。。

WILD AT HEART【DVD付】

WILD AT HEART【DVD付】


16位 東京女子流 - We Will Win! -ココロのバトンでポ・ポンのポ〜ン☆-

Limited addictionも超かっこいいけど、アイドルの応援ソングに弱いんすよ。。。こころにすっと入られる。ぽぽんのぽーん!って心のなかで毎回叫んで合わせてる。無意識に口に出してたら家庭が終わります。そういう意味では何も応援になってない危ない曲。


15位 サカナクション - 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

夏に行ったサカナクションのライブで、リリース前初披露でドハマリした曲。厨2を押し通せる強さがサカナクションにはあって、おれはそれは大好きなんだけど、とにかく一生懸命で、曲も一生懸命。色眼鏡で見ると損すると思うなー。実質日本のロックで唯一聴いてるバンドとなりました。


14位 南波志帆 - こどなの階段

南波志帆はいい大人が、"わかってる"ぶっていいように遊んでるように見てしまうので、純粋にいいと思うことはあんまり無かったんだけど、この曲はよかった。サカナクションの山口一郎楽曲提供と聴いて納得。キャッチだけど惜しいメロもサカナ仕様(褒めてる)。

水色ジェネレーション

水色ジェネレーション


13位 SUPER☆GiRLS - 女子力←パラダイス

カップリングでJazzin' Parkが楽曲提供してると知って触れてみたら、全然関係ないところでドハマリ。それもそのはず、過去にHello楽曲に携わってた人たちらしく、アレンジャーは鈴木Daichi秀行先生ですよ。また会えたね。会っちゃったよ。。。Daichiどっか行けよ。。。

女子力←パラダイス(DVD付)【ジャケットA】

女子力←パラダイス(DVD付)【ジャケットA】


12位 Negicco - GET IT ON!

「ねぎっこ」という音感にpppとしてる人は、騙されたと思って聴いてみるときっとよいことがあるよ。ミドルテンポのファンクです。右の子が推しです!ちなみに来年にベストアルバムが出るそうですが、そこにおそらくNegicco史上最高楽曲の「圧倒的スタイル」が入ると思われます。今は事務所に直接発注するしかありません。

GET IT ON!

GET IT ON!


11位 土岐麻子 - Gift〜あなたはマドンナ〜

資生堂の化粧品CMタイアップっていう時点でこれまた80年代のオマージュ。シティーポップは不変であり続けるジャンルであり、土岐さんもずっと不変。あと10年くらいこのまんま行くんじゃないか。ちなみに3歳の娘がこの曲が大好きで、普通に「あなたっていくつなの〜♪」って歌ってる。

TOKI ASAKO

TOKI ASAKO "LIGHT!" ?CM & COVER SONGS?


長くなりそうなので、明日へ続きますー。