スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

5歳の息子はサラーがお好き

僕はプロフィールにあるように、セリエAのASローマのファンです。直近のニュースでいうとトッティの引退が有名なチームで、あとは中田英寿が所属していたとか。日本でのファンはあまり見ないし、現実社会でローマファンに会ったことない、という感じのチーム。セリエA観戦歴は23~4年(カズがジェノアに移籍する前のシーズン)、ローマファン歴は10年くらいですかね。2回旅行で行ったローマという街が好きになって、好きな街のチームだから好きになったという流れです。

しかし今シーズンは本当によく試合を観ましたよ。当社比で本当に観た。プレシーズンマッチも含めて、見てない試合は1~2試合くらいかな?明け方3:30とかに起きて観戦してまた寝る、みたいなのを週2回やってた月もありました。昨年まではローマなどという、日本では微妙な立ち位置のチームは当然毎試合放送はなく、コッパイタリアなんてほぼほぼ見る手段がなかった。けど、それもこれも黒船DAZNのおかげでほぼ全試合見られるようになりました。DAZNは神。

それで家族の前でも当然ローマ戦を見ることが多くなり、自然と家族もローマを応援してくれるようになったんですよね。これがまた嬉しいんですよ。しかも自分が仕向けたわけじゃなくて、テレビを観て『どっちのチームをおうえんしてるの?』と質問され、「赤い方のチームだよ。ローマっていうんだよ。どっち応援する?」『ローマおうえんする。ろーまがんばえー!』『ローマ!ローマ!』ですから。いや、ちょっと嘘。いや、だいぶ嘘。というのも、息子の5歳の誕生日に自分のネームと#5 を入れたレプリカユニフォームをプレゼントしたから。にしても、自分が好きなチームを子供が応援してくれる、これは人生の醍醐味の一つですね。


で、好きな選手までできました。それがモハメド・サラー。エジプト人のサイドアタッカー。好きになった理由は「髪の毛がもじゃもじゃ」、これは僕が子どものリクエストによってしばらくの間パーマをかけていて、髪型はかなり近似してた。そして快速。とにかく脚が速く、一部では元所属のジェルビーニョと共に「ローマの陸上部である!」などとも言われていました。



それもそのはず、上記の動画では4位にランキングされてます。やはり速いは正義。子どもにとって脚が速いとヒーローなんですよ。サラーはヒーロー。ただ一つ悩みがあってですね、リヴァプールが獲得を目指しているとのことで、現時点(6/13)での僕の予感としては移籍の確率はフィフティーフィフティーって感じなんですよねぇ。ローマ的にも移籍されたら大打撃だし、なによりせっかく息子がローマもサラーも好きになったから移籍されたら困るんですよね、本当に。

で、ショックを受けないように、息子にやんわりとサッカー界には移籍システムがあること、そこはビッグマネーこそ正義ということ、そしてサラーが移籍してしまう可能性があることを伝えました。そうしたら、『でも、ほかのチームでサラーは見れるんでしょ?』という意外な回答。「ローマからサラーいなくなったら寂しくないの?」と聞くと『さみしいはさみしいけど』とのこと。

個人的には、オイルマネーにまみれた金満プレミアリーグには相当なゆがんだコンプレックスを持っているので(嫉妬そのものである)、リーグ自体にも全く興味がないのですが、息子がサラーを応援してリヴァプールを応援するなら「プレミアでも好きなチームを一つ作るかなぁ…」という日和った保険的な心の準備もしている自分もいて、なんだかんだでオフシーズンも忙しいのです。ローマは狩られる側なのであんまり楽しくはない。