スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

第4回アイドル楽曲大賞2015(アルバム部門/推し箱部門)

楽曲大賞2015の最後の記事です。

第4回アイドル楽曲大賞2015(メジャーアイドル楽曲部門) - スーパーアートライフ
第4回アイドル楽曲大賞2015(インディーズ/地方アイドル楽曲部門) - スーパーアートライフ

アルバム部門

1位 WHY@DOLL - NAMARA!! / 3.0pt

アルバム部門についてはLast.FMで記録してるログを参考にして客観的に選ぼうと思ったんですが、このアルバムが客観的にも主観的にも1位でした。1枚通して順序どおり聞いて、聴き終わったらCDをケースにしまいたいと思わせるアルバムはこのNAMARA!!が唯一だったかもしれないです。
その他の部門で1曲もほわどる曲が入ってないですけど、現代の単曲売り&オートサジェッションの時代に逆らって佳曲の集合が最強って最高じゃないですか?そして2014年発の「Magic Motion No.5」で終わることも窪之内英策のアートワークなことも含めてアルバムとしての自力が他とは違いました。

NAMARA!!

NAMARA!!



2位 Negicco - Rice & Snow / 2.0pt

渋谷系&最近の流行全部入りというアルバムでいい曲がこれでもかとつめ込まれてるアルバム。素晴らしいは素晴らしいのですけども、アルバムとしての物語性を感じなかったことと、Negiccoが歌う必要性が全く無い曲がいくつかあったので*1結果2位でした。でも大好きな曲たくさんありすぎて、ひとことで言うとずるいってやつですね。クリームソーダLoveラブです。

Rice&Snow

Rice&Snow


3位 吉田凜音 - Fantaskie / 1.0pt

www.youtube.com

完全にクラフトワークなイントロの時点でノックアウト。メジャーアイドル楽曲部門で入れた「忘れないPlace」や「真夏のBeeeeeeaM.」の王道ポップスはアイドルソングとしてちょうど良く最高だし、「テンセイリンネ ~ GONG! GONG! GONG! ~」「ふぁんたすきー」などのアタマオカシイソングにより液化した脳が耳からこぼれた夏でした。りんねちゃんはどんな女性になってくんだろう。 全然読めない。健やかに育って欲しい。

Fantaskie

Fantaskie



推し箱部門

わーすた

推し箱が変わってしまった夏でした。AKIBAカルチャーズ劇場での新人公演に行ってしまったことが運命の分岐点でした。…いや遅かれ早かれわーすたには行き着いていただろうと言う引力の強さです。単推しが5人いて、さらに箱としても推せるというグループの理想形です。わーすたが最強なんや。

投票とは関係ないですが、個人の推しとしてはLinQ新木さくらさんが不変です。好きが加速して大変です。だからこそ心から好きといえる曲をそろそろリリースして欲しいですし、逆説的に、クソ曲連発でも好きでい続けられる新木さくらさん素晴らしさと運営含めたLinQというグループはすごいとも言えます。一番大好きでいさせて欲しいグループというのは変わりありません。売れて欲しいんだよ。



*1:というか、ねぎに「首都高」とか歌わせるとか意図を問いただしたいし「SpaceNecojaracy」とかセンスなさすぎじゃないですか?