スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

第3回アイドル楽曲大賞2014投票内容(インディーズ/地方アイドル楽曲部門)


第3回アイドル楽曲大賞2014投票内容(メジャーアイドル楽曲部門) - FEVEEEEEEEEEER

続きです。
ポイントの割り振りは全てデフォルトです。

1位:ライムベリー - IN THE HOUSE (3pt)


ライムベリー - IN THE HOUSE(Live 140427) - YouTube

大人の事情に巻き込まれグループ消滅の危機を乗り越えた復活ライブで披露されたこの曲。
「冗談みたく繋いだ手に 離れないほど力いれた あたしたち現在進行形 毎日全部楽しんどけ 振り返れば笑顔ばっか 心配すんなずっとそうさ」
2MCが手をつないでぶんぶん振りながらのこのバースで涙腺が崩壊した事案も発生。思い入れ込みの1位ですが、抜いても1位であろうというくらいの曲のクオリティ。最高以上の表現が必要なやつ。




インディーズ2位:この道で

この道で - 星野みちる - YouTube

昨年11月末に発売されたシングルで実は2013に括られるべきだけど、ノミネート漏れしてアルバム曲として2014年にノミネートされたという、どうでもいい話から書きますが、メロウでミドルなシティーポップを星野みちるが歌えば、この位置に来るのは当然かなと思いました。ちなみに「この道で」が収録されてるシングルLP「マジック・アワー」は絶賛相場高騰中。




インディーズ3位:RASPBERRY POP

「Raspberry pop」(K-NEXT)@あるある勉強会2014.1.17 - YouTube

ALBUM「出る杭は打たれる」リリースの前週に、1人を残して全員が脱退してしまうという高度なマーケティングを展開した流星群少女。この「RASPBERRY POP」は松井寛氏の弟子と公称する筑田浩志氏による楽曲。2014年は筑田さんにとっても飛躍の年となり(GALETTeやおはガールふわわに提供)、全筑田曲の中でもこの曲がナンバーワン。




インディーズ4位:真冬のサンライト

真冬のサンライト / Citron* - YouTube

運営側も「特に何もないエリア」と自称する、兵庫県加古川市のご当地アイドル。流通はしていなく事務所通販でしか手に入らないですが、エレクトロなアイドル楽曲はこうあるべきというお手本のようなきれいな曲。ダンスとポップが半々。Dメロまであるドラマティックな展開にぶりぶり暴れる打ち込みのベースラインも心地よい。加古川になんにもないなんてとんでもない。
ちなみにメールでやりとりした運営の方がめちゃくちゃ感じが良いので、通販すると良いと思います。





インディーズ5位:IDOL ILLMATIC

ライムベリー 撮られっぱなし天国 AGE16の逆襲 「IDOL ILLMATIC」ラッシュエディット#1 - YouTube

復活第1段シングルのリード曲。音源でも最高だけどぜひとも現場で体験してもらいたい曲。TIFスマイルステージでのIDOL ILLMATICは、僕が今年見たすべてのステージングの中でベストアクトのひとつ。そして上記は、撮影可能なライブでファン有志が自主作成した動画。信じられないクオリティ。是非一度ご覧あれ。


続きます。