スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

小1の授業参観(2回目)と幼稚園のバザー(1回目)

同日にイベ被りしました。奥さんがバザー係で半年間かけて準備してた実質運営だったので、僕が午前中だけでイベ回してきました。

小学一年生の授業参観

授業が始まってから5分後に後ろの扉から教室に入りました。ちなみに昔のシステムは知らないけど、今は校門は一つだけ開けて警備員さんを配置、受付に記入して入校証を首から下げないと入れません。

教室に入ると気づいた最後席の娘が横向いてうれしそうにアイコンタクトしてきて、下唇噛むんですよ。来ただけなのに。これ前も書いたかも知れないですけど、僕には親が来てくれて喜ぶ感情は全くなかったので、喜ぶような子どもだったら親に違った幸せを与えられたのかなあと思いましたね。何にせよわが子最高。

今回は日本語の授業*1では朗読劇が行われて、朗読と演じる側と両方やってました。勉学というより、チームに分かれての自主性や協力しあうこと、人前にでることの照れ対策みたいな感じでした。
うちの娘は朗読は大きな声で読めてて、演技では蚊みたいな声で"めっちゃわかるー"と思って見てました。あと担任の先生超えらいね。時間内に納めて、6〜7歳児をまとめて、怒らず、褒めて、コントロールするの。それを1日4〜5時間毎日やる人生ですから。"当たり"の担任の先生だと思うけど、それにしても生物としてのステージが違いすぎた。

年少のバザーへ

1時間目を見て後ろ髪を引かれながら幼稚園へ移動。キリスト系の幼稚園なので、園児の家や父兄から物品の寄付を募って、それを販売するバザーです。
ちなみに下の息子は現時点ではめちゃくちゃママに甘えん坊で、少し離れるだけでも泣くときはすごく泣くんですが、今回はギリ耐えられた!
息子マイブームである塩ビの戦隊モノの人形と、ふちねこならぬふち恐竜をdigってゲット。あと恐竜のパズルもゲット。恐竜もすごい好きで、毎日恐竜の名前とか教えてくれてる。
バザーにはゲームコーナーもあってそれなりに楽しんでたけど、着ぐるみやピエロとのじゃんけん勝負は、ピエロにびびって棄権。あと母親がいない心細さもあったのかな。
家では甘えん坊で割とすぐ泣く方なんですけど、幼稚園では人気者ポジションのようで、すれ違う同級生に「yo!」「yo!」とあいさつしたり、とてもかわいらしい女の子が「○○くんにラムネあげる」って持ってきてくれたり。家と外では違う世界を持ってるところは、完全に似たな、と思いました。しかしラムネもらうとかこの野郎。

忙しい1日だったけど楽しかったな。

*1:今は国語の他に日本語という授業があるらしい。差異は不明