読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

iPadをマルチディスプレイ化するアプリ「duet」が出張で便利だった件

ライフ ガジェット iPad

会社でノートPCが支給されているため、職場ではマルチディスプレイで仕事をしています。まあマルチじゃなくても仕事はできますけど、一度この環境になれちゃうと、戻れるけど戻りたくない、完全な甘えが発生します。数年前はえらい人のみ別モニタ支給されてましたけど、今日び液晶モニタなんて1万円台で買えちゃうからハードルかなり下がりました。

で、いざ困るのが出張時です。当然ディスプレイなんて持ち歩けないしそこまででもないけど、でも無いと微妙以上大幅未満で困る。視線をマルチディスプレイの方向に動かしちゃうんですよね、無意識に。で、そんな時に衝動買いしていたアプリ「duet」の存在を思い出して使ってみたら、かなり!かなーり!良かったという話です。


duet is 便利

f:id:superartlife:20151008145105j:plain

PC側にもduetをインストールしてLightningケーブルで繋げば、自動的にセカンドモニタとして検知してくれます。通常通り解像度も変更できます。オフィシャルで言うほど遅延がゼロとまでは言わないにしろほとんど無いのは事実。
セカンドモニタとしてはiPad/iPad miniだとサイズが小さいからメインの作業には厳しいと思うけど、Outlookみたいなメーラーだけduet側に逃がすっていうのが便利でした。
あとduet側でアイドル動画見るのもサイコーだったんですが、仕事がマジ進まないので忸怩たる思いで消しました。そもそもYouTubeアプリで見ればいいじゃんって話もあるんですが、Wi-FiモデルだったのでPC経由で見てたんですね。このケースはビジネスホテルだと意外とあります。

duetはプレゼンの練習に最適

f:id:superartlife:20151008145415j:plain


もっとも役に立ったのはプレゼンの練習です。写真は左手で適当に作ったスライドですけど、要はこういうことです。ディスプレイ一つだとスライドショー画面だけになりますが、duet使ってマルチディスプレイにするとPowerPointの「発表者ツールを使用する」を使えます。プレゼンでは前後の流れを把握して、読まないで話すのがもっとも大切なので、duetは超お役立ちでした。

出張族の営業さんに

duetはチープなアプリではないし万人には必要ないと思いますが、プレゼンをする機会の多い外回りや出張の多い営業さんにはいいと思いました。たぶん仕事効率めちゃくちゃあがるし、その分成約率にも間違いなくインパクトすると思います。


Duet Display

Duet Display

  • Rahul Dewan
  • 仕事効率化
  • ¥1,900