読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

セリエA 15/16シーズン第1節 ヴェローナ-ローマ 個人的採点

こちらではあまり書いてないですが、唯一かつ最も応援しているASローマの試合の採点などを始めてみたいと思います。取り敢えず見た試合は続けていくつもりです。

試合結果

f:id:superartlife:20150825011452j:plain

VERONA 1 - 1 ROMA
VERONA 61' ボスコ・ヤンコビッチ
ROMA 66' アレッサンドロ・フロレンツィ

Verona - Roma - - RaiSport


個人的採点

シュチェスニー:6.5
アーセナルからレンタル移籍のシュチェスニーが先発。噂ほどの危なっかしさもそれほどなく、決定機はことごとく防いで初戦から好印象です。手足が長くてしなやかな印象。フィードも悪くなさそう。

フロレンツィ:6.5
ローマのシーズン初得点者で唯一のゴール。前半は特に守備ではことごとく狙われて実際ピンチを作ったけど、ゴールでチャラ以上に。今シーズンもフロのミドルで3〜4試合は救われるんだろう。

マノラス:6.0
今年もマンツーマンの強さは健在。トーニともなんとか渡り合えてた。後半はなぞのダブルダッチも披露し、足技があることも魅せた。笑った。あとはポジショニングが完璧になればワールドクラスなのでは。

カスタン:5.5
脳腫瘍の手術から約1年ぶりに復帰。プレイすることが奇跡ということを忘れちゃいけない。けどプレイ自体は可もなく不可もなく。ただチョンボをしないのが他のCBとの大きな違いだった。

トロシディス:5.0
得意の右SBではなく、人材不足の左SBへ。失点に絡んだ張本人でもある。ただ一人でフリーの二人をカバーするのはいささか荷が重かったのも事実。なんとかして欲しかったのも事実。

デ・ロッシ:5.5
バランサーとディフェンサーの役割をそつなくこなす。ゴールへ吸い込まれるボールをヘディングで掻きだして勝ち点1を得られた。危なげなファウルもそういえばなかった。ただ求めるものはそれ以上なんだよね。

途中交代に激おこなダニエレ先生。


ナインゴラン:6.5
彼がいなかったら試合が作れてなかったと思う。彼がいなかったらボール奪取もカウンターも半減してたんじゃないかな。

ピアニッチ:5.5
惜しいミドルが2本、ファインセーブに阻まれた決定機が1本。試合を通じて存在感が強かったわけではないけど、それだけシュートが打ててること自体、昨シーズンと比べてポジションニングもモチベーションも良い証拠。次に期待。

サラー:4.5
この試合に限ってみたら、チームにフィットするにはまだまだの様子。ノーチャンス、ノーシュートだった。

ジェコ:6.0
f:id:superartlife:20150814211533j:plain

ロマニスタが待ちに待ったワールドクラスのCF。ゴールはなかったものの、取り敢えずぽん入れされたボールもポストするし、ノーモーションのシュートも強烈かつ枠に行くし、サイドに流れても自分で仕掛けてファウルももらえてた。足りないのはゴールだけだった。15点は取れるんじゃないかな。

ジェルビーニョ:5.0
少なくとも昨年よりはいい、一昨年よりは2段階下がる。でも可能性は感じられた。

ファルケ('66 in):5.5
交代したサラーよりも外に張って、相手のフォーメーションを広げたり、可能性の感じるクロスをあげていた。ローマにフィットするタイプの選手だと思った。

ケイタ('66 in):5.5
交代したデ・ロッシよりも潤滑油のようにボールを散らせていた。そのおかげでピアニッチが少し前めにポジションで来ていた。ちなみにデ・ロッシは自身のブチギレてペットボトル叩きつけて、収めにきたコーチにも荒ぶっていた。

イバルボ('83 in):4.5
快速を見せることも、高さを見せることも、献身的な守備を見せることもどれもなかった。加入直後ならまだしも半年間いっしょにプレイしてたのだから、可能性は見せて欲しかった。

ガルシア監督:5.0
昨シーズンのミュンヘンに1-7で虐殺されて以降の手詰まり感ありありな試合とそうは変わらず…。プランBはこれから出来上がるのかもしれないけれど、今のところ大きな可能性を持つことはできない。交代策も相変わらず得意じゃないみたい。


f:id:superartlife:20150825013951j:plain

とにかく昨年の得点王、奇跡の38歳ルカ・トーニに苦しめられた印象でした。ユーヴェ、ナポリミランが初戦に負けたので、全試合が終わってアウェイで引き分けは結果オーライかなという感じでした。
関係ないけど、ヴェローナのホームユニフォームは滅茶苦茶かっこいいね。

2節対戦相手:ユヴェントス

いきなりの天王山。向こうはピルロテベス・ヴィダルの大黒3柱が抜けた嫌な予感を、予感以上になぞってくれました。次に勝てばローマ勝ち点4、なによりユーヴェが勝ち点ゼロですよ。何としてでも勝ちたいところ。移籍の可能性も高いラッキーボーイ的なイトゥルベを最後に使うのもありかなという気もします。


これ、続くかな?