読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

私が橘慶太を完全に許した日

私の永遠の一推しこと松浦亜弥さんと2001年から交際を始め、2013年に入籍した橘慶太さん。12年と長く続いた交際を祝福はいたしました、確かに。いやアイドル同士がアイドルを続けながら途切れることなく愛を育み続けて、そのままゴールインする、そして最近では女児も生まれてめでたい事この上ないです。心から祝福をしております。

f:id:superartlife:20050304021530j:plain

だがしかしですね。12年交際とおっしゃりますけれどもね、こちとら交際7年、入籍して9年と合わせて16年も一緒にいるわけですよ。長さ?尺っていうの?で価値を測るのであればK太クンとやらは私にどう顔向けする…いや顔向けできるんですかねえ。祝福はしましたよ。嬉しいですよ心から。ある種のアイドルヲタクとしてのある種の理想的なゴール、幕閉じだと思いますよ。ただね、アイドル同士の交際っていうんですか。たくさんの困難もあったでしょう。賛成の声ばかりでもなかったでしょう。険しい道程だったと思いますよ。ですがね、こちとら困難の多さなら負けてないわけですよ。あややハワイもばれ、トマパイベもばれ、博多遠征もばれ、瑞稀もえさんもばれ、ヌードルカフェにおける中野さんババ抜きゲームイベもばれてるわけですよ。私がどれだけの地獄を見たと思ってきているんでしょうか、K太クンは。


しかし寛大な私は許しました。なぜかというと、K太くん…いや、橘慶太さんが所属しているw-inds.における新曲「In Love With The Music」が嗚咽がするほどカッコイイです。



この曲を超えられる邦楽は、2015年に果たして出てくるのであろうか、いや、出てこないね。なんせ橘さん渾身の作だから。狼煙は上がってんから。

このw-inds.における橘さんのパフォーマンスの源になっているのは家族、なにより妻である亜弥さんの支えがあってこそです。その亜弥さんを、あややナンバーワンテキサイの管理人として支えてきた小生も、微力ながらにこのマスターピースに貢献できていることを僭越ながら誇りに思っております^^;。


In Love With The Music 通常盤

In Love With The Music 通常盤