読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

ポジティブは作れる


ポジティブもネガティブも癖みたいなもんですよね。というか、癖/習慣そのもの。思考よりも習慣が上回るなんてことはよく言わたりもします。

とは言え、どんな人間も一部の絶望以外はイヤなことも嬉しいことも大体おんなじくらいだと思うんですよね。それに対してどう反射するかだけで。

個人的には自分はかなり楽観主義者だと思うんですが、それは合理的な考えを突き詰めた結果なのかなとか思ってます。
例えば、仕事で大きな失敗をしたとします。数百万円の損害をダイレクトに与えたり、締め切りに間に合わずに全社に迷惑を掛けたり…まあ死にたくなりますよね。今すぐ殺してくれと。
とは言え、じゃあ実際どうなるかというと、もちろん死なないし、クビにもまずならない、さらにその失敗一つの原因で給料が下がることすらも多分なくて、結果何も変わらないんですよ。そしたら、まあいいかと。こんな感じです。

ウェブ上で気をつけてること 「ネガティブを先に書く」

店員さんの接客がイマイチなおいしい店に行った場合、「すごくおいしかったけど、接客がちょっとな〜」ではなく、「接客がちょっとあれだけど、料理はすごくおいしかった」と書きます。例えば高級車を買った場合、「いい車だけど高いんだよね」ではなく「ちょっと値が張るけどいい車なんだよね」と書きます。僕もうっかり前者で書いてしまう時もあるので、気づいた時は後者に書き直します。
気づかなかった時は、次に気づいた時にやればいいですね。

ネガティブだけなら書かない

ちなみにネガティブだけの意見の場合は基本的にうんこの塊が多いので、下書きに1時間寝かせましょう。どうでも良くなります。
こういう性分なので、人はだれでも後ろ向きになることがあるのはわかっていますけど、ネガティブだけの言葉を書く人とか見ててキツイっす。特にたまにしかネットに現れないのに後ろ向きのばかりの人とか。多分ネットを逃避場所として使っていて、それは全然悪でもなんでもないんですが、自分には合わないというか。それが理由でアンフォローしちゃったりしますね。だってやだもん(子供)


小さいことですがポジティブは作れると思ったので紹介しました。