読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

【リーマン必須】足元を見られない靴磨きのススメ

f:id:superartlife:20090405142429j:plain

"足元を見る"とよく言いますが、文字どおり足元の第一印象で見極めたり、見極められたりします。意外と偉い人でも靴がずっりずりだったりしてるので、もったいないなあとか思ったりしてます。

何事も始めるまでは面倒くさく、始めてしまえば楽しいものですけども、靴磨きは最たるものかもしれないです。

自己流ですが揃えたものです。

用意するもの

  • 汚れ落としクリーナー(a)
  • つや出し&保湿クリーム(靴の色ごとに揃える)(b)
  • つや出しワックス(c)
  • ぼろ布3〜4枚
  • ブラシ1〜2本

予算は3000円以内で余裕で揃うと思います。

1:ブラシで埃を落とす

全体にブラシをかけ埃を落とします。特に革とソールの縫い合わせた部分に埃が溜まりやすいです。
安物でいいと思います。


[ミスターミニット] MISTER MINIT ツインセットブラシ (Free)

[ミスターミニット] MISTER MINIT ツインセットブラシ (Free)



2:靴全体の下掃除

(a)をぼろ布に1〜2センチ出して、ちょんちょんと靴全体に付けてから、同じ布で拭きます。ざっと拭ければOK。ソールと革の布が届きにくいところは、ブラシでささっとやります。ここでは艶は出ないので、こんなもん?感があるでしょうけど次に行きましょう。


3:色に合わせたクリームを塗り込む

(b)をぼろ布に付けて、2の作業と同様に拭き拭きします。ここでも艶はまだ出ませんが、擦れて色あせた部分の色が復活します。大事なことは、つま先やかかとのソールにも(b)クリームを塗り込むこと。仕上がりが全然変わります。
大事なことは色別にクリームを揃えること。ブラック、ダークブラウン、ライトブラウンを買いました。


4:ワックスを塗り込む

固形の(c)をぼろ布に取り(クリームが固いから押さえつける感じでクリームを取る)、靴全体に塗ります。というか広げる感じです。この時点では只でさえほとんどない艶がすべて消えて色がくすみます。が、気にしません。

KIWI油性靴クリームパレードグロス無色 50ml

KIWI油性靴クリームパレードグロス無色 50ml


5:磨く!

くすんでしまった靴を、汚れてないぼろ布で磨いていきます。そうすると、ものの2〜3秒でその部分が死ぬほど光ります。これが醍醐味と言っていいでしょう。すべてはこの瞬間のためなのだ!


f:id:superartlife:20150327142424j:plain

f:id:superartlife:20150329233944j:plain

どちらも3年くらいは履いてる靴です。悪くないくないですか?

感覚としては洗車に似てますね。行為も、かかる時間も。決してささっと終わる類いのお手軽さはないですが、仕上がった時の充実感すごいです。
月1くらいでできれば理想だけど、少なくとも季節に一回はやりたいですね。