読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

店員さん伝授!宇都宮「正嗣(まさし)」の餃子を一番おいしく焼く方法

https://instagram.com/p/0fLcJnkrnK/
神々 #VSCOcam

宇都宮市を中心に展開している、宇都宮・餃子専門店「正嗣(まさし)」。メニューは焼餃子と水餃子の2品のみ。お酒なし、白飯なし、1人前6個で210円という餃子ガチ勢なのですが、めちゃくちゃうまいです。
栃木にゴルフに行った際はほぼ帰りにまさしで食べて帰り、冷凍餃子のおみやげも買って帰ります。大体15人前(90個)くらい。

ただ家で焼くとなかなかお店での美味しさを再現できなかったのです(それでもおいしい)。皮のひだひだ部分がパサパサと固くなってしまい、中身のあんも少しジューシーさが足りない。今回は店員さんが目の前でまさに餃子を焼いている聞いてみました。

おいしい焼き方

油はたっぷり

フライパンで焼く場合は、サラダ油大さじ3、ごま油大さじ1の計4杯。焼き終わった後は油がタップリとフライパンに残るくらいが適量とのこと。
「うちではホットプレートで焼くんですが」と聞いたところ、ホットプレートならおたま一杯分たっぷり入れること、だそうです。

お湯を餃子の上からかける

まず水じゃなくお湯。そしてフライパン面にかけるのではなくて、餃子の上からジャバジャバかけるのがコツだそうです。そうすると皮がしっとり仕上がると同時に、皮から落ちた小麦粉が羽根になるそうです。

最初から最後まで強火

もうこのまんま。日和って中火にするなどという行為は必要なし。ただ油がはねやすいから危険で、特にお湯を投入する時が最も危険だそうなので、その時は一度火を止めてからお湯を入れて蓋をしてから再着火すればいいとのことです。


たぶん普通の餃子にも使えるテクニックだと思います。皆さん、良い餃子ライフを!
ちなみにまさしでは通販もやってます。

www.ucatv.ne.jp