スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

心からにじみ出る幸福さ

以前に書きましたが娘の幼稚園ラストの学芸会でした。モンペの入り口を垣間見たと言うやつですね。

親の座席は並び順のため完全に得意分野なのですが、あまりに早く行くことは迷惑になるしそもそもやんわりと禁止されていたため、経験上頃合いの良さそうな時間から並んでて最前ゲットです。

娘の第二希望であった準主役でもない平役でした。同じ役は他に10人、セリフはひと言、でも劇中に歌う歌が他のどの役よりも長く難しいメロディラインで、それがまさしく娘がその役を選んだ理由で、僕たち夫婦からしたらそれこそが特別な役に見えましたし、実際にそうでした。

ほんと傍から見たら普通のただの風景なんですけど、自分のセリフの直前の緊張した表情だったりとか、堂々と一人でセリフを言えたときとか、大きな口の大声で歌えてたときとか、もうドラマなんですよね。これか、と。これが例のやつか、と。終わった後に先生から、昨日は緊張して声が小さかったけど、今日が今までで一番良くできてたとも言われ、一緒に聞いてた娘は照れくさそうに誇らしげにしてました。その夜寝室にて夫婦で振り返って話してるときに、何とも言えない感情がにじみ出てきました。まさか自分がそういう親になるとは思わなかったですね。来年は下の息子が入園して、また3年間反芻します。

人は記憶と思い出で生きる生き物だなあと思いました。