スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

都内で触れる場所はここ!iPhone 6の実機モックを触ってきた

普通にぺらーっと置いてあった

街の携帯ショップにふらっと寄ったら、世にはまだほとんど存在してないiPhone 6のモックがありました!


f:id:superartlife:20140914103548j:plain

iPhone発表直後によくある、縦×横×高さに合わせたショップスタッフさん作のボール紙モックかと思ったら、質感、角仕上げ、重さなど、完全にモノホンでした。

裏もほら

f:id:superartlife:20140914122637j:plain

ショップスタッフさん曰く、サードパーティのケースメーカーさんから回ってきたものらしいです。おそらくAppleが発売前にサードパーティに提供してるものなんじゃないか?と言ってました。念のためAppleロゴは外されてるとのこと。背面のアルミの質感なんて、9/12の発表の翌日までに作れるシロモノじゃなく、完全に本物のそれでしたもん。

6+のモックは?

残念ながら6+のモックはなかったです。あれば完璧でしたけど、それでも6の質感、そして薄さを体感できたのはよかったです。あと4インチ→4.7インチも全然行けそうですね。これも薄さのおかげ。指の可動域が広がりました。

どこのお店にあるか

僕が行ったお店はTOP1 自由が丘店です。

株式会社ディ・ポップス(D・POPS) 【モバイルショップ、通信業界特化型人材サービス】 | TOP1 自由が丘

ちなみに街のケータイショップには珍しくキッズスペースがあって、子持ちに超レコメンドです。

TOP1系列ならどこでも6モックがあるかは分かりませんが、連休を持て余してる人はぜひどうぞ。


発売前にこんだけ製品化されてパッケージングもマーケティングも準備されてたら、そりゃ情報ただ漏れになりますよね。