スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

iPhone6/6 Plusどっちにするか問題。実際に同じサイズを触ってきた(比較画像あり)

6と6 Plusどっちにするか問題

f:id:superartlife:20140912014535p:plain

ここを見てる方の多くの人は、少なくともiPhone 6以上を買うことだけは決めてる人も多いんじゃないでしょうか。僕もその一人ですね。毎回iPhoneのメジャーアップデートの時はそうですけど、実物を見ないで機種、色、容量、そしてプランを決めなきゃいけないですよね。
とはいえiPhone 5までは色と容量さえ決めればよく、プランはどのキャリアも一緒だから悩む余地もなかったですね。
iPhone5s/5cからはモデルが分かれましたけど、思っていたよりニーズの住み分けができて混乱もなかったですよね。と言うより、初登場のゴールド協奏曲という感じでした。

どちらも未知の領域

f:id:superartlife:20140912014545p:plain
iPhone 6/6 Plusはそれぞれ4.7インチと5.5インチという、iPhoneユーザーからするとどちらも未知の領域なんですよ。知らないんですよ。モザイクの向こう側ですよ。
個人的には3Gからほとんど変わっていない横幅が大好きで、僕にとっての一神教だったんですね。変わっちゃいけないし変えたくなかった点だったんです。じゃあ「6に変えるなよ」ってそもそも論なんですが、まあ変えたくなっちゃったものは仕方ないです。理屈じゃない。昼顔ですよ昼顔(見たこと無い)。
でも少なくとも1年は、長くても2年使う…?機種なので…?、さすがに何の感覚もないまま買うのは怖いので、Androidの現行機種で画面サイズを確かめてみました。

調べ方は「今と同じ持ち方で」「親指がどこまで届くか」

僕は左手持ち、小指を下部縁において機種を支える通称”ごっちんスタイル”です。

f:id:superartlife:20140912010954j:plain
ごっちんスタイル
後藤真希が、モーニング娘。OGとしてTV出演。女性向けマガジンもスタート | WHAT's IN? WEB

1.この持ち方ができるのか2.この持ち方で親指がどこまで届くのか、この2つの視点でいろんな機種を触ってみました。

HTC butterfly HTL23 (5.0インチ)

6と6 Plusの間の大きさですね。乃木坂さんのテレビCMがバンバン流れているモデルなので、見たことある人多いと思います。秋元真夏さん愛してます。

f:id:superartlife:20140912011458j:plain

f:id:superartlife:20140912011525j:plain

親指、届かない。

SONY Xperia Z2 SO-03F (5.2インチ)

HTC butterflyより少し大きいモデルです。もしiPhoneじゃなかったら使うであろうAndroid機ですね。ダントツでかっこいいです。Xperia

f:id:superartlife:20140911235914j:plain

f:id:superartlife:20140911235953j:plain

親指、画面上部の4割ぐらいは届かなそう。

LG isai FL LGL24 (5.5インチ)

まさにiPhone6 Plusと同じサイズです。筐体のフレームは違いますが、比べるには最適ですね。

f:id:superartlife:20140912000357j:plain

f:id:superartlife:20140912000412j:plain

デ、デカい。見るからにデカいです。親指はごっちんスタイルだと画面の半分くらいしか届きません。iPhone 6 Plusはこの大きさか。デカいな…。

KYOCERA TORQUE G01 (4.5インチ)

次にiPhone6にかなり近いサイズを持ってみました。Gショックケータイの後継機種ですね。

f:id:superartlife:20140912000156j:plain

f:id:superartlife:20140912000214j:plain

あれ?小さい?小さくね?これは明らかに小さいです、比べてみると。iPhone5sよりも大きいはずなのに、何でしょうこのコンパクトさ。しかし画面の大きさとしての満足度が低い割には、ちゃんとサイズアップはしているわけで、親指は画面端までは届きません。小さいのに届かない。これ、どうでしょう…。

結論が出ました

「どうせ親指が届かないんならデカいほう買うわ」

これでした。と言うより、4.7インチの使用感が4インチの5sと殆ど変わらなそうだと思ったんですね。だったらそれこそ6だったら替えなくていいじゃないかと思ってしまいました。でももう列車は走りだしてしまった僕は、6 Plusにしようと思ったわけです。人生で一度くらいバカでかいのを使ってみるのも経験かなと思って。
6 Plusはバッテリーの持続時間も長いし、カメラに手ぶれ補正がつくわけですし(これは大きいよ)、何より最高スペックという事実が大切だったりします。バカだから。

f:id:superartlife:20140912015757p:plain
この機能もありますしね。

あと画面が大きいと動画を見る楽しさが格段に増すというのはNexus7で実感済み。あ、ちなみに売りました。

そういえばズボンポケット問題

ちなみに本体が大きくなると、ポケットに入れたらズボンの型崩れが激しくなるのではないか懸念してたんですが、全然問題ありませんでした。というのも、崩れる問題は大きさじゃなくて薄さだったから。試しにiPhone5sとisaiを両ポケットに入れてみたら、5sの方が崩れましたから。これで霧は晴れた。

6 Plusにします!