スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

「死んで、死んでお詫びをー!!!」と言って死んでいった落札者

f:id:superartlife:20140825013745j:plain

出品者としてヤフオクに参加

少し前のことですがヤフオクに出品しました。15年くらい前からお世話になっていて、当時といえばオークション手数料がまだ存在せず、本人確認もメール認証もなく複垢上等でしたので、出品しながら同時に入札を行い被落札価格を最大化するという行為もよく行われるような無法地帯でした。

しかし実はオークショントラブル的なことはほとんどありませんでした。

むしろ最近の方がトラブルが多い

今やヤフオクは大きな収入源のひとつでしょうし、それだけ投資をしているには違いないほどYahooはセキュリティ強化しました。しかし最近の方がトラブルが多いんですよね。。。落札後連絡取れないとか、よかれと思って入金前に発送した途端に連絡途絶えたりとか…、もうそれ以降は善意で何かをするということはやめるようになりましたが。

今回は高評価の人にやられた

ある商品を出品して無事落札されました。割と満足行く価格だったので、特に迅速に取引を進めたい=お金ほちい と思い取引連絡したら早速返事が参りまして、さすがは高評価の人だなあ…と思っていたら、いきなりの「その他」で「え?そこは送付先住所、支払い、発送などについて じゃないの?」となりますよね。恐る恐る開いてみると「落札したあとで何ですが、○○って××ですか?」と質問してきやがりまして。「○○は××でないです。△△です。」と返事をしました。オークション説明で、落札後のキャンセルは理由問わずお断りしていたので話を進めました。早くお金欲しかったし。

土下座合戦

落札者

「うわっ…一番ダメなパターンをやらかしてしまいました。「落札者の都合で削除」で構いませんので、落札者繰り上げ…つまりキャンセルをなんとかお願いできませんでしょうか?本文も勿論確認しております。そこを何とか一つ、何卒宜しくお願い申し上げます。」

完全なる先制土下座です。しかし経験上落札者繰り上げを行うと、ほぼ100%拒否されてしまいます。頭が冷えるとイラネーになってるんですよね。ということで、この方を買っていただくためにプライドを捨てる作戦に出ました。

「大変恥ずかしいことなのですが、実はある支払いがあり、その予定に合わせてオークションを設定していたために、入金が遅れるリスクを取ることができません。お気持ちもわかりますし、丁寧な文面から間違いのないしっかりした方だということも伝わるので、普段ならお受けしたいのですが。大変心苦しいのですが、今回は取引を続けさせていただきたく思います。申し訳ございません。ご理解の程、よろしくお願いいたします。」

お財布が寒いことは事実なのですがプライドをさらにかなぐり捨て、相手が拒否すると心にダメージを追うような文面を考え、海抜-5mレベルの土下座をかまします。


落札者

落「本当に申し訳ございません。次点繰り上げをお願いする代わりに、当方は、このIDを速やかに削除してお詫びしたいと思います。それだけの事をした自覚はございます…が、当方も金銭的な面と時間的猶予も無いのも事実です。お願いする事しか出来ません。許して頂こうとも思いません。
今の私に出来るのは、只々謝罪し、今までの評価を捨てる事しか出来ません。本当に本当に申し訳ございません。」

!?


落札者

落「本当に申し訳ありませんでした。今から10分以内にYahoo IDを削除させて頂きます。本当に最低なヤツでスイマセン。」


おいおいおいおい、いやいやいやいや。まあ意地でも支払いたくない気持ちはわかったよ。800オーバーの評価を捨てる気概はわかりますけれども、わかったけども、すみやかにIDを消されてもメリット何もないですし、そこまで最低じゃないと思うよ…というかお金払ってよ…。

そして去っていった落札者

前述の取引連絡が来た10分後に、律儀に去って行きました。許す/許さないというよりも、完全に引いてしまったというか。そういう意味では彼の戦略勝ちかも知れませんが。
しかしオークションの基本となる大前提の評価というシステムが、あまり役に立たないということをここ最近の取引で痛感しています。だって評価800以上の人でも切腹するご時世だもの。

リスクをコストとしてあらかじめ組み込んで取引した方がよい時代かもしれないですね。

To LOVEる―とらぶる― コミック 全18巻 完結セット (ジャンプコミックス)

To LOVEる―とらぶる― コミック 全18巻 完結セット (ジャンプコミックス)

古手川さんだろ。