スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

「若者が将来に希望を持てない」のは誰のせいか

「将来に希望」日本最低=7カ国の若者比較―内閣府調査 (時事通信) - Yahoo!ニュース

政府は3日午前の閣議で、2014年版「子ども・若者白書」を決定した。白書は特集として、世界7カ国の若者の意識調査を実施。「自分の将来に明るい希望を持っているか」と尋ねたところ、「希望がある」「どちらかと言えば希望がある」と答えた人が日本は61.6%にとどまり7カ国中最低で、他の6カ国(82.4~91.1%)を大幅に下回った。
 調査は2013年11~12月に日米韓と、英国、ドイツ、フランス、スウェーデンの計7カ国で実施。各国で13~29歳の男女約1000人を対象にインターネットで行った。
 「40歳になったときに幸せになっている」と答えた人は日本が66.2%で最下位で、他の6カ国は81.6~87.4%だった。「自分自身に満足している」「自分には長所がある」と答えた割合も、日本は7カ国中最低。自分に自信が持てず、将来についても悲観的な日本の若者像が浮き彫りとなった。 

経済の成長が止まり人口が減少して老人が増えて、そんな中に放り込まれたら将来に幸せがあるとは思えない!という説、とても納得できます。高度経済成長期は未来がキラキラ見れて、一億総中流社会が提唱されて実際に一般的な多くの家庭でマイホームマイカーを実現してたんでしょうから、比べたら不公平感を持って将来に不安を持ちますよね、普通。

でも相対的に見て、この中で一般的な家庭の水準でおおざっぱに考えると(ここ大事)、まだまだ日本は恵まれてますよね。逆に言うと、恵まれている環境を必要以上にありがたがってなくて、不幸だと思い込んでいるフシがあるというか。

この記事を読んだ時に「大人が未来を明るいと思わせてないんじゃないかなあ…」とふと思ったんですよ。アメリカ人のように、自分の子供に「これからの君はなんでもできる」「好きなように生きられる」とまでは言わないにせよ、一度きりの人生は楽しいものだと思わせるという、親の大事な努めを再認識しました。

そして子どもに伝えたいことは口で伝えるんじゃなくて、行動を見せるということが大切だと思うので、やっぱり親が楽しそうに生きていなきゃなあと思いました。

なんか偉そうですいません。