スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

Kindle PaperwhiteとNexus7(2013) どちらが本を読みやすいか問題

どちらかがNexus7で、どちらかがKindle Papewhiteです。




ベゼルの形や反射で分かるかもですが、左がKindleで右がNexus7です。





これはNexux7(右)の上にKindle(左)を乗せてみたものです。どうです?実際読みやすさを比べると、どうもこうも無いくらい同じような文字のきれいさです。それだったら先に買ったKindleを手放そうかとも思ったんですが、型落ちになって売っても3,000円くらいっぽい気がするので、両方保持しています。

Kindle Paperwhiteの良いところ
・軽い
軽いからこれ単体で持ち歩いてカバン無しで渋谷くらいは行けます。
・バックライトが便利
ランプ無しで寝ながら読んでそのまま寝落ちおいしいです。
・充電長持ち
正確には測ってないですけど、2週間とか余裕です。
・本に集中できる
体験版ブラウザついてるけど使うこと皆無なので、単機能、つまり本として、本に集中できます。


イマイチなところ
・操作性
俊敏さは求めてないし読書の際は問題ないけど、メニュー画面は初期Android機よりもモッサリ。
・バックライト
バックライトのお陰で暗闇でも読めますが、場所によって明るさにムラがあるので、気になるっちゃ気になります。

Nexus7(2013)の良いところ
・文字がきれい
Kindleに負けず劣らず…、個人的にはKindleよりも読みやすいとすら思います。Kindleが212ppiなのに対して、Nexus7は323ppiと、数字通りの印象です。
・いろいろできる
タブレットなのでいろいろできて楽しいです。
・いつでも持ち歩いてる
通勤の時はスーツの胸ポケに入れてるので、いつでも一緒です。いつでも読めます。この横幅の細さは革命的です。カバンに入れちゃうと、それだけで使う機会が激減しちゃいますよね。(これがiPad miniを買わない理由)


イマイチなところ
・ちょい重い
Kindleが206gに対して、Nexus7は290gです。64,000gのお前は何を言っているんだという感じですが、この差を結構感じてしまうのです
・気軽さがない
画面も筐体もきれいなので、おいそれと落とせません。よって手持ちで出かけるのは不可。
・いろいろできちゃう
本が進みません
・反射
基本的には気にならないですが、角度によっては電球の光がめっちゃ邪魔な時、たまにあります

今はそれぞれの特性に合わせて、Kindle=ベッドサイド&近所のおでかけのお供、Nexus7=通勤&小旅行のお供 と使い分けてます。例えば通勤中にNexus7で読み進めてしおりをはさんで、家で寝る前にKindleでしおりから続きを読んだりしてます。そして寝落ちしそうになったら枕の下にKindleを挟み込んで就寝です。Nexus7(2013)が先に出てたらKindleは買ってなかった気がしますが、これはこれで満足です。物欲的にも。

今から電子書籍に手を伸ばす方は、個人的にはNexus7だけで十分な気がします。これほど電子書籍に向いているタブレットは無いと思います。


Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)