スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

子どもが蝉をカマキリが捕獲して食べるところを目撃した

らしいです。奥さんの戸建ての実家で、日陰を作るための窓際にネットでヘチマを作ってるらしいんですが、そこで。ツタに待ち構えていたカマキリが、飛んできた蝉を捕獲して(もちろん)生きたままの蝉を食べるさまを。親になってみてわかった感情なんですが、子どもに劇的なものとか与えたくなくなるんですよ。映画のR指定とかゲームのZ指定とか「あんなもので人間が形成されるわけないわー」と思ってたけれど、自分の子供には絶対見せたくなくなりましたからね。Grand Theft Autoのプレイ画面を見続けた子どもは、確実に何かが残りますよ絶対。

で、生命のやりとりとか、死とか、自分ですらよく分かっていないのに子どもにどうやって教えたらいいんだろう、とか思うわけですよ。5歳にもなると蝉の一生が短いことはわかるレベルでもあるんですが、結構あっけらかんと「蝉さん食べられちゃってたんだよー」とか話してきて、こっちが戸惑ってしまうレベルであっさり。子どもにとってみたら死なんて非日常すぎることなのか、そもそも本能でむしろ大人より親しい距離にいるのかよく分かりませんが、そういえば自分も虫カゴの虫が死んでも何にも思わなかったし、親にも何も言われなかったもんな。

死生観まで親が責任を持つ範疇かもわからないですしね。