スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

GALAXY S?αは妻の手に SIMフリーiPhone4Sの驚きのリセール率

2012年2月からは夫婦揃ってSIMフリーiPhone4Sでした。回線はdocomo。そして自分だけひとりau iPhone5に移行して、彼女だけガジェッターのような通信ライフを過ごしています。初スマートフォンとしてiPhoneを気に入っているようですが、iPhoneじゃなきゃいけない理由はない。そして、ドコモ3G回線で使うiPhoneは非常に快適ですけど、たまに通信が急にできなくなったり(OSアップデートでAPNが切れてる)、キャリアメールが使えなかったりと、無意識的な安心を持って使える訳じゃなかったんですね。

ということで、奥さんにGALAXYを渡すことにしました。SIMフリーiPhoneの鉄板契約内容の回線契約の変更はなし(タイプXiにねん+Xiパケホーダイ フラット+mopera Uスタンダードプラン)。


その理由はSIMフリーiPhone 4Sのリセール率の高さ。程度にもよるけれど16GBだと35,000円前後、32GBで50,000円前後と超高い。どれくらい高いかというと、今回買った2012年12月発売のGALAXY S? α(32GB)が25,000円くらいですから。4Sの発売は2011年10月と1年半前と、スマートフォン界だと2週遅れくらいなので驚異的なリセール率です。

ということで、データ移行が済んだら4Sをセールに出して、山分けすることになりました。実質無償+お小遣いで最新機種をゲットとなります。


ジョブズ存命時のアップルブランドの強さをひしひしと感じました。