スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

33歳が転職する時に必ず大切にするいくつかのことだ

3ヶ月前に退社してしまった元上司に、転職のことを相談に乗ってもらいました。現在49歳で外資の会社の営業職一本で、3,4年ごとに新しい業種・業態にチャレンジするために転職をして、今ではGMか役員のどちらかという経歴です。すごいよね。

上司だったら相談なんてできないけど、今となっては遠慮なく相談もできるし酒も飲めます。いろいろ話して聞いてもらったんですけど、アドバイスとしてはシンプルかつ的確かつ明確でした。

  • 給料が下がる、もしくは同じくらいならしない方がいい。
  • 自分を安売りするな!
  • 行きたくない業種(自分の場合は同業他社)からのオファーなら今の2倍を提示すること
  • 英語は必ずやること。やらないとマネジメント側に回れなくなる


10年ぶりの転職活動がスッキリ整理できました。奇しくもその人の初めての転職は33歳と僕と同じ時にしたんですって。


「30代はどんどんチャレンジした方がいい。本当にやりたい事を仕事にした方がいい」


自身の実体験からそう言ってくれました。「オムツを取り替えて欲しい赤ちゃん以外の人間は変化を好まない」という言葉があるし、このご時世だとよりしがみつきたくなるもの。ただ自分がビジョンを持って先を見据えて、キャリアを重ねて、手に武器を持てば選択肢が広がるという事が改めて分かりました。よく聞く話だけど、いざ自分がその立場になって景色を見てみると全然違う。

求職がグッと減る35歳まで時間もあるし、今の職場が悪いわけでも無いから、外をどんどん見て、焦らずに進めたらいいよってことでした。