スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

iPhone5を見送るいくつかの理由


とうとう発売日にも手に入れることはありませんでした。実機を触ってこの判断なので、多分何かキャンペーンや5Sにならない限り耐えられるでしょう。

1.ドコモ家族割から抜けられない
もうこれiPhone5が直接的な理由じゃないんですけども。奥さんとドコモ家族割を組んでいて、家族間通話が24時間無料なのが無くなるという選択をする…ことができなかったです。都度都度30秒21円取られるのは結構痛いよね。


2.背面のデザインがう〜〜んだった
これ以外だったんですけど。というのも、iPhone5画像を初めて見たとき「これはアリ」って直感的に思ったから。こういう直感ってモノを買うのに大きなウェイトを占めていて、それはファーストインパクトにより衝動買いをしちゃうくらいだから。でも手にした時に「ん?」って。特にガラスとアルミの境目部分が気になった。4のフラットガラス背面の、いやプロダクトの美しさを改めて見直せたというか。5のデザインが悪いと言うよりも、良い!と思ったのに違うかも!って思ったギャップにテンションが下がったという感じ。


3.LTE回線がはいらない?
発売日に新宿で、翌日に川崎でSoftBank、au両キャリアの実機を触ってきました(というものの、auはSIMカード挿さってなかった。方針?もったいない!)。でも、どちらの場所でも1回もLTE回線を拾うことはなかったんですよね。「拾ったらWi-Fi並み!でもほとんど拾わない!」というTLでの評判通りだったので、もうちょい様子見でいいかなーと。


4.お金がない!
まあこれが全てですな!SIMフリー4Sを売ってau版64GBを買ったとすると差額はほぼ4万円。そこに実質いくら!なんてものはそもそも存在しなく、実質ただただ4万円なのです。


なんやかんや色々書いていますが、お金に余裕がありさくっと5に機種変できてたら、上のことは些細な事なわけです。実際、スペックアップしてあの軽さと薄さはあり得ないし、タッチセンサーを液晶ディスプレイに入れたことによりRetina Display以上の画質をすんなり実現しているし、プロダクトの質感、スペック、デザインは図抜けてる(と思います)。が、年に1回買い換えるのは全世界のマカーが望んでいても、上位ほんの数%のブルジョワジーしかできない嗜みであり、今回はそこに入れなかったということですね…。

オーマニー。