スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

POP SONG 2 U_03 at 西麻布eleven


今回はイベント3回目にして初の休日、そして昼間開催。ゲストは出演順にNegicco、joy、Aira Mitsuki、ZEN LA LOCK、そしてトマパイことTomato n' Pine。先にトマパイのことを書くと。
まずだいぶライブに慣れてきてるのがすごく良くわかる公演でした。YUIちゃんのゴーカイジャー縛りが無くなり主戦場がトマパイに移ったことによりライブ数の増加、そこからの経験値が手に取るようにわかりました。はがねの剣でカンダタ倒しに行くあたり的な。成長をリアルタイムで見れる楽しさと、単純なステージの満足度があがって超楽しいです。
ただ同時に「レアだったトマパイのライブ」という下駄は脱いだわけだから、結構これから頑張りどころだと思います。
新曲の「踊れカルナヴァル」は、サマーでメロウなファンクネス。キャッチーさを(恐らく)あえて省いた完全にフロア仕様。タイトル見た時は、夏だからイコールラテンに安易に舵切ったら嫌だなーと一思ってたけども、ジェーン・スーさんはじめagehaspringsご一堂様にごめんなさいしたいです。ちなみに関係無いですが、トマパイが安易に目先のエレクトロポップに走った時が終わりの始まりだと思ってます。
それより何より!髪を切ったYUIちゃんな!かわいいよ!超絶かわいいけども!俺は髪を伸びるのを待つよ!ライブ中も「今の長さでもちょんまげみたいなポニテできるよなぁ」とか思ってたよ!
そして角みたいな2つお団子にしたWADAちゃんな!あり得ないほど攻めに攻めたホットパンツ効果も合いまって、YUIちゃんとWADAちゃんを見る比率がおんなじ位でした!という極めてどうでもよい情報もお伝えいたします。
長くなったので他の演者についてはまた書くと思います。PS2Uがスタートした当初はいつまで続くかと思ったイベントも、終わる気配なんてないままに当たり前のように次のフライヤーが配られる幸せはが当たり前になりつつありますが、こういう「ホーム」が与えられるアイドルは稀有な存在だと思うのです、当たり前にならずにありがたがりたいと思います。
マジありがとう!