スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

アルパカ牧場は恐ろしいところだぜ

朝9時までの大雨がうそのように、牧場についた途端に晴れわたりました。よかったー。ということで、今回の旅行のハイライトであるアルパカ牧場に行ってきました。恐ろしいところでした。

さっそくアルパカ大量のこっち見んなでお出迎え。



ちょうど11時からの餌やりタイムが始まって、岩山(通称ナスピチュ)に大勢のアルパカが山に登る。ちなみにこれでも一部のメスのみ。恐ろしい・・・!ちなみにアルパカはとても温厚で仲間内でケガさせることも無いようなんだけども、唯一の抵抗がツバを吐くこと。ということでナスピチュではツバ吐きの応戦で、しかもツバ吐き音が人間のおっさんと同じそれで笑った。笑ったけど現実も知る。

牧場内の通路はすべてウッドチップが敷かれてて、足にもやさしいし、大雨直後だけど水はけが良くてとってもよい投資だと思った。甘いんだけど、牧場で泥だらけってあんまり気持は良くないものね。そして景色は絶景で、牧場も大きすぎず小さすぎず調度よいサイズ。何より牧場員さんたちがみんなフレンドリーでした。

アルパカ座りも堪能。


500円払うと10分間の散歩ができる。これは必ずやるべき!なぜなら、もっともかわいくてもモフモフのアルパカと触れ合えて独占できるからだ!ちなみに付いてくれたのはオスで生まれて半年の「もやし」くん。気が強くてグイグイと引っ張られて、いやいやなついたふりをしてくれたんだぜ。


そしてひと組300円払うと、10分間ふれあい広場で好きなように触れ合えます。おとな2人と子供ひとりで300円。そしてエサ付き。なんという良心!ここのアルパカも毛がモフモフで温厚なアルパカだけです。好きなように抱き合える…と思いきや餌まっしぐらなので、餌とアルパカとの駆け引きでいい感じな距離感になれます。

ちなみにアルパカは毎年6月に毛刈りするそうなので、12月の今は中途半端なモフモフ度でした。ただし生後2年くらいまでは毛刈りをせずに生やしっぱなしにするので、一部オールタイムモフモフアルパカがいます。オールタイムオールメンバーモフモフタイムは毛刈り直前の5月だそうなので、完全なるアルパカを堪能したいなら5月がおすすめだそうです。
ただし最盛期は1日3000人くるそうなので、単純計算して1アルパカ=10人なのでそれなりの覚悟も必要です。ちなみに今日の客はうちら以外には4人のジジババカップル(20分で速攻帰った)しかいない状況の写真です。つまりすべてのアルパカひとり占めでした。俺だけのアルパカ。
那須という土地柄、いろんな観光施設や温泉、アウトレットもあるので、関東圏から1泊旅行ではけっこう最適です。
おわり。
那須アルパカ牧場サイト
http://www.nasubigfarm.com/index.shtml