スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

iTunesのリストに入ってる人たちの行く末を追ってみる

メロンですら解散するこの世の中ですから。自分が普段聴いてるor聴いていたバンドや人たちがどれくらい生き残ってるかを調べてみました。ちなみに結構音楽は好き(と書くと若干恥ずかしい)だけど、知識的なものは皆無でひたすら消費していく中に自分の好みの人や音を見つける強化系タイプです。
RUFUS

存命。年1程度でリリースしてる様子。イチオシはNEW ARRIVAL EPの中のNew Arrival。当時はPerfumeはもちろんブレイクの予兆すらなくRAM RIDERもいなかったので、ものすごい衝撃だったのを覚えてます。よって結婚式で使用。
http://ototoy.jp/pkg/8521←ここで試聴できます。よいなぁ!



TROPICAL GORILLA

存命。3ブサイク1フツメンという売り文句だった気がする。10年近く続いてるけど、非モテ走りだったのでは?と適当なことを書いてみる。ベースの人が町田のdiskunionでエプロンつけて働いてて、確かにブサメガネだった。イチオシはMucho Meteor's Popskull



スケボーキング

休止後復活で存命。スネ夫みたいな声の人は兄弟ユニットをやったり紆余曲折して復活した様子。結構な年齢で経済的に大丈夫なんだろうかと、余計な心配をしてしまいます。一過性と見られがちというか一過性だけど、トラックは格好良かった印象。今は今どきの音で、そしてスネ夫の中の人がハンパなくイケメンすぎ(降谷建志も)。



START FROM SCRATCH

糸冬。メロがキャッチーで音もノイズにならないくらいの調度良い西海岸的でよかったんだけどなぁ。リリースはCHANGE THE WORLDの1枚だけで終わったみたい。残念。