スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

誰得ばなし

帰宅中でつり革につかまり電車に揺られているわけですが、今まさに俺の尻にパンツが食い込んでいる。それも表現としては"喰い痕"が正しいくらいの急角度で。履いているパンツはいわゆるボクサータイプで、形としてはホットパンツと同じそれである。ホットパンツが喰い痕という事はつまりは僕が夜な夜なreblogしている画像群と同じ状況・情勢がこの瞬間この地球(読み方はもちろん"ほし"もしくは"いのち")に俺の尻に起こっているわけで、スーツという布生地に守られてる30代男の誰も求めていない尻であるにもかかわらず、30分も食い込んでいる状況が続くと、うすはりの様な薄くて繊細な羞恥心が沸き起こってきているから不思議である。
つまりだ。
これが街を闊歩する弾けんばかりのティーンエージャーから見るからに調子に乗ってる女子大生までのイタズラな尻に起こり、それをあわ良くば街中でも見れてしまうという事実は、ただ単に街中が尻に溢れてるというだけでなく、万人の目の前で晒されている食い込みをその一目があるからこそ角度を直せる術も無く羞恥の表情で下を向き顔を赤らめているという事実がですね!そこいらで起こってるわけでして!目の前の尻に浮かれるわけでなくですね!その一見ハレンチで大胆な行動をしているよう思える少女達に垣間見える恥じらいを感じるのが!紳士の振る舞いだと思うのです。
冬がはじまるよ。冬がはじまるよ。。。