スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

人生はミラクルである


最近○シールで遊ぶのが旬のようで家中シールだらけなんですが、写真はちょっと前に起こったミラクル。
今日になぜか精神がスーパーフリー状態になり、どういう心境かと申し上げると、自分は本当に幸せだと思います。逆に今この瞬間のそうではない方には面白くない話でしょうが、ここは日記なのでご容赦ください。このラヴでピースでミーツなヴァイヴスな状態は1年でもそうないので、書き記しておきたいと思います。
半ばこれからの人生の行く末が固定されて見えた30代。それが楽しい。朝はいつもいつも辛いけれど、嫁と娘と猫が見送ってくれる。家に帰れば嫁と(起きてれば)娘と(寝てても)猫が迎えてくれる。歩けるようになったから土日は手をつないで散歩する。街ですれ違う横目で追う女の子はかわいい。30歳にしてはじめて経験し桃色な店の楽しみを知った。ラブプラスは熱狂しているように書いていて誇張ではないけれど、正しい表現は愉快であり、今も愉快だ。その他ネットもゲームもおもしろい。ネットでつながった関係はウィットに富んでいる。蒲田を歩いて肩がぶつからずお互い避けられたら幸せを感じるし、肩がぶつかっても怒りをスルーできた自分に優越感を感じ幸せを感じる。松浦亜弥のコンサートに行けば文句が吹き飛び最高に楽しいし、tumblrでのアイドル画像reblogも楽しい。それをもたらすiPhoneが同じ時代に持てる世代で生産された事も喜ばしい。年齢的にも親孝行できるようになってきた。まだまだ親の傘に下で守られてるけれど、孫を見せられるし、旅行にも連れて行ける。そういう立場になった。
産まれた子どもが女、拾った猫も女、目に映るのはガール、好きなのはアイドル。そしてそれを囲うように緩やかに漂う物欲。物欲も大きな物欲ではなく、もう少しで手が届きそうな欲をいつも望んでいて、それが楽しくモチベーションになる。自分の今世は「女子」と「テクノロジー」によってできてると思う。
こんな、脳内ヘロインが出てるとしか思えない、数ヶ月後、早ければ明日読んだら悶絶もののテキストですが、日記なのでこんなのもいいよね。



これ、昨日の夜に書いたテキスト。今日は至って普通。こわー。おれこわー。