スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

白い春

今週から本格的に今期のドラマが始まりました。ドラマは時間的にもモチベーション的にも見れても2本、ほとんど1本で抑えていて、前回はもちろんえいくらちゃんのメイちゃんの執事、今回はもちろん白い春しかないでしょうって話!だいたいこの平成も20年もすぎた日本に住んでる日本男児が幼女の一人も愛でないで何なのって話なわけですよ。もちろんセクシャル的な目や恋愛的に見るなんて言うペドフェリではなく、我が子が健やかに真っすぐに育つお手本として、つまりはうちの子のお姉ちゃん的存在として、つまりは"のぞみお姉ちゃん"として見ている訳で、そこいらの変態紳士さんとは違う訳ですよ。
ドラマの内容はというと、ヤクザの阿部寛が美人妻(紺野まひる)(これはいい配役)の大病を治すために、敵対してる組長を殺して大金を手に入れ刑務所に9年入り、出てきたら奥さんは男を作って再婚&出産していて尚かつ死亡、事実に切れた阿部ちゃんは再婚相手の男に800万円をせびり、おまえが800万使ったんだろう!と極めてヤーさんらしくいちゃもんもんをつけ、そこの家に住んでるのがのぞみお姉ちゃんことノンちゃんさん!(not辻ちゃん)
ドラマの中のノンちゃんさんはちょい不思議ちゃん入ってる役柄で、ベンチで寝てる阿部ちゃん(ヤクザ)の花にクローバーを差し込み怒り狂わせ、近所の住民+パトカーを呼んでシャバ2日目の阿部ちゃんを知らずに追いつめるという神プレイ。これは毎週目がはなせない。
おととい我が子を間違えて「ノンちゃん」と呼んで以来、のぞみちゃんがテレビに映る度家庭内ギッスギスなんですけどね。