スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

嵐 - ARASHI summer tour 2007 TIME 〜コトバノチカラ〜

先週の日曜の7日に嵐のコンサートに行ってきました!前回横アリで見たAROUND ASIAツアーに続いて2回目です。ちなみにその時の感想はこちら(id:superartlife:20070106#1168062228)。日記を読み返してみると、すっかり嵐ヲタになって帰ってきてますね。ということで、今回。
まずドームがでかい!そして100%埋まってるのがすごい!画像は多分開演15分前くらいなんですけど、開演したら100%埋まってた。3階席の細ー苦なってるところまで全部。これをたった5人が集めたって言う事を考えてみると改めてありえない。ちなみに、男の連番者は見る限り自分らだけでした。
今回はツアータイトルの通り発売になったばかりのTimeからの曲が多かったんだけれど、なんと言ってもスマッシュヒット曲が多いから自分のような浅い人も楽しめた。前回のARAOUND ASIAは実質アジアツアーだったみたいだからメジャー曲が多めだったと思うから今回実はそれがちょっと不安だったんだけど、ぜんぜん心配無用だった。特に嵐曲でいちばん好きな「きっと大丈夫」*1〜「Oh Yeah!」*2の流れがいちばん高まった。あー、なんかいちばんばっかり書いてて頭悪そう。
それと同じくらい良かったのがソロコーナー。嵐初心者の自分でも、5人の色とか個性とかが1曲でわかるからすごい便利だし、個性が分かるってことは一見さんに一見で分かるくらいのもちろん個性があるってことだから、それが面白さでもある。その個性が集まった状態と思って5人の曲を聴くとやっぱり思いいれもコンサートの中でも変わってくるし。今回は特に、櫻井クンとにのクンがよかったなー。櫻井クンの曲はメロウ。Jって伏せたらわかんないんじゃないかな。特にイントロからラップのあたりは。サクラップとか言われるけど、本当の普通にラップが上手い。最近のポップなヒプホプよりも聴き応えあると思う。にのはピアノソロの弾き語りの曲。男が歌う女の子の歌でそれが何故か沁みるんだよな、男心に。涙腺をかすめたね。そしてアウトロの時にメガネをそっと外しピアノの上に置いてブラックアウトとかずるい。バラードなのに黄色い声がコンサート中最高潮。あれは百万女子が大洪水。どっちの曲も、Timeの初回版に入ってるからレンタルでも聴いてみるのをお勧めです。男子にも。今回で櫻井クン株が急上昇。
あとゲストで平成ジャンプさんが出てきた時は、知らず知らずのうち最前線キチャッターと思った。ジャニファンは同じJ内だったらやさしいのかと思ったら、半分以上が座ってしまって、結構シビアなんだなー、逆にこれは伸びるわーとか思ったりした。しかし小6の男の子への声援がいちばん大きかったのは正直引いてしまった。女のロリコンさんへの耐性はまだまだです。
今年は嵐が8年目ってMCがあったけど、多分来年も今年と同じ姿を見れる映像が容易に思い浮かぶし、再来年も来年と同じなんだろうと思う。ぷっつり途切れることが考えられないんだよね。そして、その積み重ねの中できちんと積み重ねてる部分があって、たとえば一気に3年前、5年前を振り返ると成長してるんだろうなーってことも思い浮かぶ。その流れに安心して乗る事が出来るのが嵐、もっというとジャニーズの強さなんだろうなぁ。ハローというか女の子だと、1年後は闇の場合が多いからね…。オチは前回と同じになるけれど、男アイドルの強さを感じたよね。そしてJの強さも。どうしてもハローと比べてしまうけれど、ハローが悪いってことじゃなくてジャニーズが強すぎるんだよ。
もうどうせ次回も行くんだろうから、近々FCに入ります。もっしゅまじはじまったよ!

*1:この曲のおかげであらしっくに

*2:アルバムでいちばん好きな曲。なんかのCM曲。