スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

そろそろ

そろそろ寝ます。今回の民主圧勝の大きな理由は、無党派層が民主に大きく流れたことと、自民層も民主に流れたこと、この2つだと思う。
無党派層が流れたことについては、まだまだメディアの力が強大なんだなということを認識させられた。あれだけ毎日ネガティブキャンペーンをやったら人の心は流れるってことか。逆が前回の自民党だったんだものね。しかし、小沢は最も集金力のある金の政治家だったわけなのに、そんな小沢がそこを追及することに違和感を持つ人は多くないのかな。
自民層が民主に流れたことについては、これは気持ちはわかる。要は政治を決定することにほぼ影響の無い参議院で、自民党に危機感を持たせるためだから。つまり、政権交代は必要と思っている保守層が、今回だけは民主に入れたということなんじゃないかと思う。今回が衆議院選だったら、自民の苦戦は間違いなく変わらないだろうけど、ここまで針は触れなかっただろうし、逆に安倍総理も自分の得意分野の土俵に巻き込んだと思う。それは憲法改正。
次回の衆院選の時は、間違いなく憲法が大きな争点になると思う。それまでにつまらないことで足元をすくわれないように、その為に参議院できちんと野党にチェックをしてもらうってことは有効なことなのかもしれない。
はっきり言って、自民でも優秀な人もいればどうしようもない人もいる。保守もいれば左翼もいるし売国奴もいる。民主も同じ。だから理想をわかりやすく言うと、自民と民主が分裂し再編して、きちんと保守政党革新政党にわかりやすく分かれて欲しいのよね。その為には、今回の参院選で自民だけで過半数を取って欲しかった。そうしたら自民の中の左翼を切り離せただろうし、民主の保守論者を引っ張ってもこれただろうから。でも、そんなにうまくいかないもんなんだなー。
今回は前回と違って*1盛り上がらないかと思ったんだけれど、結局燃えました。疲れたので寝ます。おやすみなさい。

*1:id:superartlife:20050911,id:superartlife:20050912