スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

ERIRIN18

id:peperon227:20070115にて、えりりんが今年の4月から女子大生相当になる事を知り相当の衝撃を受けた。アイドルの絶頂期は16才後半〜17才までと言うのが持論でどなたも異論は無いところだと思いますが、この時期を通り過ぎてしまう事を意味しますよね。そしてえりりんはこの大事な人生で一番輝くエンペラータイムの真っ最中に体積・表面積を増強し恋はマッソーな感じで、見事にランスルーしてしまった。15才の頃、16才になった頃心踊らされたツワモノ達の多くは失望し裏切り立ち去った。しかし、自分は適度ぽちゃ>ガリ・スリムなので全く問題なかった。むしろ太ってもあれだけかわいいのは驚異的だし、むしろあれくらいの年齢の女の子は一度ふっくりするのが理想的であって、そこを律義に通過するのは大変好ましくあり、まさしく下町を歩いてるリアル女子高生でしかなくハァハァなわけですが、一般論は亀井オワタが少なくないだろうし、まぁ普通はそうなのかなと思う。16才前後の奇跡的な美少女具合は陰を潜め、このままずるずるいってしまう可能性はかなりありそうな気がするし、自分自身も内心はがっかりする気持ちが見え隠れすると思う。
しかし、リアルに女子大生っぽいというのはまたその時にしかない魅力であって、過去、19才になる年齢の時にその魅力を如何なく発揮し、それ以降その魅力(歳相応の魅力)をずっと変わらず持ち続けてる人が一人いて、それが柴田あゆみゅんなのである。18才くらいまでは完全にもさかったがそれ以降はみるみるリアルにかわいいを体言し、それを維持している。例えば19才の頃ならサークルの歓迎会に一人はいる、一番かわいいキラキラしたアイドル的存在(例:えびちゃん)ではなく気立てがいい何気なく実はすげーかわいい存在。2・3年生なら、後輩の面倒見のいい先輩c。今ならリクルートスーツを着て内定がなかなか取れなくてサークルの飲み会でいつもと違いちょっと落ち込んでる柴ちゃん。どれもこれも容易に目に浮かぶし、どれもこれも最高なのである。これが例えばごっちんとかあややだと、とても身近には感じられないし、20才になった21才になったというのはおめでたいのだけれど、あくまでもテレビの中のいわゆるニュースなのだ。時事の粋はでないのだ。それが柴ちゃんが19才になったと聞くともう脳みその中での世界が大きく広がって、まぁつまりは人としてはどうかと思うと言うか今すぐ氏ぬべきなカスなんだけれど、色々妄想して頭がお花畑で幸せになるのである。こないだのエルダーコンの柴ちゃんは髪の毛をアップにしてエクステンションをつけたりしていたので、脳内で正月イベント中の新人キャバ嬢に変換しそれはそれはとても素晴らしかった。えりりんには、ぜひともこの偉大なる先人である柴ちゃんのようなこの路線をいって欲しいし、その可能性が極めて高そうだから内心とても興奮している。
でも、さゆみんはいつまでもお人形さんでぃてょぉ→。れいなたんは猫でニャー。あー俺だけの6期。