スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

嵐 - ARASHI AROUND ASIA

1/4に書いたとおり嵐コンに行ってきました。初ジャニーズで初嵐。元々はアンチジャニでアイドルがチャートを占めるなんて不幸だと思っていてアイドルの筆頭のジャニーズは悪しき音楽だと思ってたし、何より女の子を全部持ってく男の子の敵だと思ってました。何というかアンチ→ヲタってハローとまったく一緒すぎる流れなんですけどね…。
コンサート自体は、めちゃくちゃ楽しかった。もう本当に。ファンを本当に大事にしてる姿勢がすごいですね!ハローもファンは大事にしてるんだろうけど*1、どこかでやっつけな部分や妥協してる部分とかを感じるときってあるじゃないですか。ね。それがまったく感じられない。横アリは小さい会場じゃないけど、どこの場所にいても何回は近くに来てくれるような舞台装置で、前方に大型モニター3つ、後方にスクリーン2つ、前方ステージのセットは回転して裏表のセット、前方ステージの背景は全部ドット絵のモニター、その他に円周花道、センターステージ、ゴンドラ2機、センター席の頭上を移動する大型の前方ステージ(5m*10mくらい)、金かけまくり。2回くらい客席からサプライズ登場。コンサートを見るだけで、その場その場のファンサービスってよりも長期的にずっと楽しんでもらおうって姿勢が見えました。だって、まさしく非現実だったし、楽しかったし、やっぱり思惑通りまた来たくなったし。だってアンコールがダブルアンコールで、その後サプライズでもう1回あるんですよ。アンコールだけで3回4曲。考えられないでしょ?ハローと比べるのは嫌がられるかもしれないけど、やっぱり純粋にその差は感じた。
それでもってやっぱり、楽曲がいい。多分海外公演の凱旋ツアーだからシングル曲が多めだったせいか聴いたことがある曲が多かったし、聴いたことのない曲も楽しいのが多かった。全体的にアップテンポの曲は外れがない。一番キタのは「きっと大丈夫」。これは神曲。あと新曲の「Love So Sweet」もよかったよ!あの最後のLadyのフレーズがメロウで泣かせる。泣きそうになる。これは買うわ。バラード関係は思い入れがない分だけちょっと飽きる時もあったけど、それでも伝わるものはあった。客席が伝わっててそれが伝わった感じかな。そうそう。当たり前だけど客にDQNがいないよね。これは大事だわ。ハローのオイオイみたいなヲタの集まり!って雰囲気も嫌いじゃないし、むしろそれは結構大事な空気だと思うんだけど、やっぱり程度は必要だよね。
あと5人の掛け合いも面白い。MCではきちんとキャラが出てて、1回見るだけで大体それぞれがどういう立ち位置かわかる。それぞれでソロ曲をやったんですが、それもきちんと個性に合わせてて飽きない。大野君があんなに踊れるなんて!とか松潤のナルシストぶりはすごいとか、何より二宮君が可愛すぎる…。あの可愛さは異常。1回で担当が代わりました。俺だけのにの!!!!!
本当に女の子は幸せだ。例えるなら、自分の一番好きな時代の娘。をそれぞれ思い出してもらって、その時代がずーっと続いてて、曲もずーっと良くて、そのストーリーが続いてて、でも時がその場で止まってる、常に最高到達点、そんな感じ。1回見ただけですけど。男のアイドルは賞味期限が無いけど女の子は残念ながらあるからね。次は女の子に生まれ変わってジャニヲタになるわ。
俺だけのにの。

*1:少なくともコンサートを作ってる現場サイドでは