スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

靖国

自分が辞める直前にやっと8/15に参拝するのは情けない気もするけれど、一国の首相が追悼するのは当たり前のことをやり続けた事は評価できるかな、とは思う。けどそれは別に報道される事ではない。堀江が捕まった時にヘリ飛ばしてバイクで護送車を追ってて、それもかなり馬鹿らしいと思ったけれどやってる事は同じだものね。アホくさい。ほっとけって。追悼なんだから。
大体、A・B・C級がどういう区別なのか、A級戦犯がどんな罪を犯したのか、靖国神社がどのようなものなのか説明できる中国人・韓国人がどれだけいるかと言ったら、多分小指の爪のささくれ程もいないわけだから、気にする意味がそもそも無い。批判するんだったらその前にその理解が必要。これはもちろん自分も含めて日本人もだけど。
あと最近は靖国参拝賛成の人が増えてきたけれど、その理由が嫌韓・嫌中ならばそんな意見や世論は必要ないとも思う。中・韓に対してきちんと意見を言うのはもちろん必要だけど、その道具として靖国を引き合いに出しているのであれば、外交カードに使ってる国とあんまり大差が無い気がする。追悼だけなら他に行事もあるし、それぞれのお墓も慰霊碑もあるから靖国にこだわる必要性は必ずしもあるわけではないし、基本そっとしておくべき存在。そっとしておくというのは、正確には靖国神社という意味ではなくて、靖国神社に祀られてる人たちに対して。大体(はたして戦犯なのかどうなのかと言うのはひとまず置いておいて)戦犯と言われる人たち以外にも、一般人や、その戦争以前から祀られている人もいるわけだから、土足でぎゃあぎゃあとわめいたり騒いだりする場所じゃ無いと思うだけどなぁ。
自分は先人や先祖には感謝する気持ちがあっても、足しげく靖国神社に行くような当事者意識を持つほどの人間じゃない、所謂普通の人だと思ってます。靖国神社に行った事が無いという意味では、右から左まで、日本人から外国人まで含めて、行ったことがない人カテゴリーになるわけだから、まだ涼しくなる前に一度行ってみようと思ってます。新たに知ることも沢山あるだろうし、思うことも沢山出ると思う。