スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。子2人の4人家族。

RAM RIDER - "PORTABLE DISCO"LAUNCH PARTY

橋って滑って見事に転んで間に合った21時のシンデレラ!と、適当なテンションで書き出しますが行ってきましたよ!PORTABLE DISCOのリリースパーティー!忘れもしない去年の11月17日に偶然HMVで見つけてから丸1年。それから待ち望んでたアルバムが産まれてそのおめでたパーティーなんですから、もうそれはそれは感慨深いです。早足で代官山UNITについてスーツのままそのまま参戦。首に巻いてたマフラーが邪魔でジャケットの上から落ちない様に腰にかた結びして縦ノリしてたリーマンはさぞ怪しかったでしょう。でも仕方ないじゃんね。楽しかったんだもの。
以下セットリスト(うろ覚え)

  1. SWEET DANCE(別アレンジ)
  2. ミラーボール(別アレンジ)
  3. ワンダフルフィルム
  4. ユメデアエルヨ
  5. SPACE WALK
  6. ベッドルームディスコ
  7. HELLO
    アンコール
  8. Sun Lights Stars
  9. MUSIC

だったと思う多分。リスト自体はベッドルームディスコリリースパーティのリアレンジといった感じ。アルバムからは「ワンダフルフィルム」と「Sun Lights Stars」。と言っても昨日も夜遅くの帰宅で1回だけ耳から脳みそに無理やり詰め込んできただけなんですけど。当たり前だけれど、CDよりも印象はいい。特に「Sun Light Stars」は鬼ボコーダーがライブハウスで心地よい。「ワンダフルフィルム」は映像版MUSICと謳ってるくらいだからもうちょっとVJに工夫があったらもっとどわーっと着たかも知れないかな。「SPACE WALK」は初披露だったらしいです。(本人談)
スーツだったからか入っていきなり始まったからか前座のi-depが見れなかったなのかは分からないけれど、前回ほどの高揚は正直なかったかな。と言っても、前回の盛り上がり方がやばすぎたからっていうのは絶対あると思うけど。お客さんの反応というかテンションももうちょい上がってもいいかなーとは思ったけれど、双方にもうちょいがんばる伸びしろがあるってことでしょう。ラムさん自体も声の調子が悪く感じてました。普通ボコーダーを通したら誤魔化せそうな感じだけれど、結構余計に分かっちゃうのね。
ただそんな事今は冷静にかたかた打ってますけれども、もう踊ったし跳ねたし歌ったし叫んだよ。特にラストの「MUSIC」は素晴らしすぎて涙でそうになった。RAM RIDERの始まりであると同時にRAM RIDER自身でもありリスナー自身でもあるような曲で、全部がひとつの方向に向いてて本当に最高でハッピーな空間になる。いつまでもこの空気に身をおいていたいな。ほんと。
と、何だかすごく深くなっちゃてヲタやってる癖が出てる気がするなぁ。おしまい。