読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

完全に整う準備なんてない

時は刻々と過ぎていくし、季節はあっという間に変わる。

一昨日に他部署の60歳の男性社員と子どもの話になったら、「うちには今年30歳の娘がいて、そろそろ孫ができるんだけど、ちょっと前まで7歳とか5歳だったんだよね~」とかいうから、その場でもうやめてください!と遮ったんですよね。年を重ねると多くのことがルーチンになり、例えば満開の桜や気温22度湿度40%ので雲一つない土曜日の朝なんかはいつだって感動はするけれど、未経験のことではなく既に知っている追体験の感動にすぎず(それでもすばらしい)、幼児が日々体験するような本当の意味での未知との遭遇というものは時間とお金をかけないと大人には無いのだけれど、時間の流れの速さだけはいつになっても新鮮で毎回驚きがあり、そして毎回やめてほしいと思う。もう慣れたい。

70年とか80年というそこそこの期間を、人生は短いなんて毎回言いながら過ごしてく。短い1日、長くも短くもない昼と夜、長い平日、短い週末、短いひと月、短い夏と、短い1年、短い学生時代、長いと思ってるとそうでもなさそうな社会人、もしかしたら老後は長いのかもしれない。

一つ思ったのは、人生に準備期間なんてない。いつだって本番の一回限り。休憩も必要な時もあるだろうけど、準備のための準備をする時間はない。(どんな些細なことだとしても)何かを始めようと思って、準備ができたら始めようと思っていたら、それはもうブレーキを踏み始めてるということ。始めてる人はいつだって思ったらまず始めてる。特にビジネスや学習の場面でよく言われるけれど、これは本当にそう。本当にそうだよ。

大いなる決意があることでも、ちょっとした思い付きのミクロな下らないことでも、やっぱり始めてみることにこそ価値があるのだろうなと思いました。という気持ちで、また久々にブログを書いてみました。なぜなら理由はこれ。


ここは本当に大したスペースでもなく、「ブロガー」を名乗っている人種は本当に好きじゃないんだけれど(だってただの民間人でしょ?)、とはいえしばらく放置していた場所を再度稼働させるのはやっぱり小さくない勇気が必要で、要はつまりはそれは心の錆びつきなので、錆取りのためにまず始めてみました。

準備なんてものは存在しないくらい完全に整ってなんていないけれど、始めないよりは1000%マシですよね、ってことはタイプするだけで実感できるからやっぱ始めることは本当に大事で価値がある。

第5回アイドル楽曲大賞2016 投票内容

2016年になり自分の中で大きく変わったことがありまして、それはアイドルへの興味の衰退でした。いや、アイドル界と言って良いかもしれない。理由は完全に思い当たるんですが、まずは疲弊感。少し前なら「アイドルなのに○○」という面白さがあったけれど、いまはむしろそれがテンプレになってますよね。何をやってもお寒い逆張りにしか見えなくなってILL病気です。きっと運営さんや制作現場では純粋にいいものを、面白いものを作ろうとしているだけだと思うので、こっちのメンタルの問題ですね。だからわざわざ手広く見渡してみたり、ロコドルをdigってみたりなど全くしなくなりました。結果推ししか見に行かなくなり、推しさえ見えていれば良くなり、いい曲を聴きに行くというより、ライブで推しを見に行き、その後お話しに行き……みたいな完全な豚的な流れですね。たまにいい曲だらけのセットリストだったりするとそれはもう幸せで仕方ないんですが、じゃあいい曲ばかりやってる別に推してないアイドルを見に行くか?と言われるとおそらくNOで、それならアイドルに限らなくていいじゃん?って感じです。弊社案件の推しがかわいすぎるという、これも弊害ですね。

じゃあなんで今さら楽曲大賞に投票すんだよって話ですが、前回、前々回の自分の投票内容が投票サイトに残っていて、「じゃあ、せっかくだからやっとくか」というもったいない精神、ライフログ厨による悲しい性です。楽曲大賞運営さんによるシステムの勝利です。そして投票してみたら、振り返るという行為も含めてそれなりにちゃんと楽しかったので、やっぱり残せるものは残しておいたほうがいいと思いました、みなさん。

以下投票内容。

メジャーアイドル楽曲部門

1位 LinQ - Supreme (シングル「Supreme」収録) / 3.0pt

推し補正バリ効いてますがそれが今も昔も楽曲大賞なんだぜ。推しこと新木さくらさん主演のタイトル曲でイントロで泣けてきます。でもいい曲だと思います。SHiNTAさんに全部の曲書かせて欲しい。

2位 欅坂46 - 二人セゾン (シングル「二人セゾン」収録) / 2.5pt

秋元先生に感謝。タイムラインに流れてきた「二人セゾンのテンポに合わせて歩くと気持ちいい」は確かにそう。ぜひやってみていただきたい。

3位 AKB48 - ハイテンション (シングル「ハイテンション」収録) / 2.0pt

秋元先生に感謝。お前は結局ファンクでディスコならなんでも良いんだろ?という声には、Yes I do.としか。これも誰かが書いてた「やらせない美人(山本彩)とやらせるブス(指原)」という構図が最高でした。また韻を全く踏んでないアイドルラップ部分がアイドルファンクにおけるオールドスクール感あってこちらも最高。ミャーオという声はダンス☆マンじゃなかったのがちょい心残りではある。

4位 わーすた - にこにこハンブンコ (アルバム「The World Standard」収録) / 1.5pt

かわいすぎるのである。これ、2016年のわーすたで唯一まともな曲だったんじゃないか。実質メロコア。

5位 ふわふわ - フワフワSugar Love (シングル「Rock Star/フワフワSugar Love」収録) / 1.0pt

はるるかわいいよはるる。2分台で終わる実質メロコア。

インディーズ/地方アイドル楽曲部門

1位 星野みちる - ディスコティークに連れてって Single Version (シングル「ディスコティークに連れてって」収録) / 3.0pt

フィリー感あるイントロに持ってかれてもうノックアウトです。

2位 星野みちる - 私がオバさんになっても (アルバム「マイ・フェイバリット・ソングス」収録) / 2.5pt

原曲はギリ世代じゃないんだけど、星の数ほどあるカバーの中で、初めて原曲と張り合えるクオリティなんじゃないかと思った。

3位 アイドルネッサンス - 金曜日のおはよう (アルバム「アワー・ソングス」収録) / 2.0pt

ルネッサンスは良いぞ。

4位 浦郷えりか - Racket Love (シングル「Racket Love」収録) / 1.5pt

謎の教祖キャラのニューカマーから来年オスカー女優へ大転身する浦郷さん。普通にいい曲。これからテレビに映ったらはしゃぎたい。

5位 アイドルネッサンス - トラベラーズ・ハイ (シングル「君の知らない物語」収録) / 1.0pt

ルネッサンスは良いぞ。

アルバム部門

1位 東京女子流 - REFLECTION / 3.0pt

これ、本当にいいアルバムなんですよ。2016年に発売されたすべてのアルバムの中で、通して飛ばさず聴く3~4枚しかない中の1枚。非アイドル宣言と小西さんの脱退が本当に悔やまれる。このMV見たことある人どれくらいいますか?女子流ちゃんにはぜったい違う未来があったよね。

2位 アイドルネッサンス - アワー・ソングス / 2.0pt

ルネッサンスは良いぞ。

3位 星野みちる - マイ・フェイバリット・ソングス / 1.0pt

安定。


推し箱部門

LinQ

f:id:superartlife:20161208181534j:plain


昨年はわーすたにしましたが、今年は戻ってまいりました。新木さくらさん(できる屋・かわいい・はたち)の個人の力もありますが、マジで支えないとという危機感から来るものもあります。好きです。


過去の楽曲大賞投票記事

アイドル楽曲大賞2015年




アイドル楽曲大賞2014年




アイドル楽曲大賞2013




アイドル楽曲大賞2012

2022年まで戦えるサッカー日本代表を考えてみた

f:id:superartlife:20160927192502p:plain

国民的スポーツは人によって様々な意見があると思いますが、スポーツにおける国民的行事はオリンピックとそしてサッカーワールドカップであることに異論を唱える人は少ないでしょう。ただ、最も熱狂したワールドカップというと、2010年の南アフリカ大会だったのではないでしょうか。それ以降の6年間の主力メンバーはほとんど変わらず、10年単位で言うと間違いなく停滞期といえるでしょう。Jリーグ発足以降はほとんど足を止めることなく成長を続けた日本サッカー界ですが、ここ25年で初めてぶち当たった壁だとも言えます。

しかしこれは本当の強豪国に近づくための通過儀礼とも言えるのです。現代サッカーで最強を誇るドイツは、10年前は人材不足で悩んでいました。マドリード=カタルーニャ=バスクの地域間の対立から、ナショナルチームを応援する人間はいないとまで言われていた無敵艦隊(笑)ことスペインは圧倒的なポゼッションサッカーで一世を風靡しました(そして今は対策されました)。フランスでさえジダンが現れるまでワールドカップで優勝したことはなく、アルゼンチンはマラドーナ以降優勝なしでイタリアはあと5年は立ち直れなそう。まぁ、イングランドは弱いままなんですが・・・。

つまりはサイクルなのです。そのサイクルを生み出すのは、明確なビジョンと育成、それしか無いのです。昨年FIFAランク1位を獲得し2016年9月現在もFIFAランク2位を堅持している小国ベルギーの躍進は、まさに育成に力を注いだ賜物です。

カズや中田、そして本田選手とヒーローが続きましたが、彼らある種の突然変異種でシステムが排出したわけではなく、この系譜も終わりを告げようとしています。しかしこのヒーローたちを見て育った世代…日本には数多くの(本当に多くの)若い世代がいるのです。彼らこそが日本サッカーの未来であり、そして全てです。今こそ勇気を持って若い世代を中心とした日本代表にスライドし、2018年ロシア大会、2020年東京オリンピック、そして2022年に黄金期を作ろうじゃありませんか。

私的な意見ではありますが、その意見・意志を持って2022年まで戦えるイレブンを選出してみました。

続きを読む