読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーアートライフ

日常、買い物、ガジェット、アイドル、音楽、ASローマあたりのことを書く日記です。陸マイラー活動でハワイ旅行とか遠征してます。

さよなら 7歳のキミへ

ライフ 写真 RX100

このブログで生まれた日から時々登場していた娘が、あした8歳になります。7歳最後の日を迎える前日に、「7歳最後の日はどんなことしたい?」と聞いたところ「一日中○○ちゃん(猫)をかわいがりたい。ずっと家にはいられないけど、でも家にいる時はずっと撫でてあげたい」と答えました。

皆さん、猫は本当にいいですよ。猫を好きになると物理的な意味での力加減も学べるし、弱者に対しての接し方も学べる。なにより優しくなります。犬でもいいと思うけれど、猫を飼っている実体験から僕は猫を推したい。

ちなみに自動的にn年前の同日の写真をダイジェストにまとめて通知してくれるGoogleフォトさんによると、今回自動生成された3年前の今日は、誕生日プレゼントに上げた自転車で初練習した日でした。


f:id:superartlife:20160609233612j:plain

みなさん、Googleフォトは本当にいい。猫と同じくらい推したいです。ちなみにこの自転車は今は4歳の弟が乗ってます。兄弟も猫やGoogleフォトと同じくらい良い。


そして誕生日前日の今日になると、「お風呂上がったら1日早く開けていいよ」と言われたプレゼントにまっしぐら。猫なんざまるで触らないの。

f:id:superartlife:20160609233624j:plain

嬉しくて箱を使ってプレゼンを始めるの図。自分の子どもは4歳でも8歳でも16歳でも30歳でも66歳でもいつまでも子どもだし、いつまでも最高なんだろうな、と思いました。

ダークソウル3のおかげで親子騎馬戦に勝てましたの巻

ライフ 写真 RX100 ゲーム

f:id:superartlife:20160531173210j:plain

先週末に、幼稚園の運動会がありました。その前の週は上の子の小学校の運動会だったので2週連続ですね。2週連続で一番大変なのはうちの奥さんです。お弁当を前日から仕込んで、朝早く起きて4人分作るだけでも大変なのに、2週続くから飽きさせないように&子どもの注文に応えるようにメニューも考えてますからね。うちの奥さんに限ったことではなくどの家庭の奥さんも大変だと思います…ただうちの奥さんがが一番偉いですけどね。


娘の運動会は2回目。初めて参加した1年生の時と同様に、徒競走+お遊戯ダンス+得点競技でした。ハイライトは徒競走でしね。というのも、うちの子は絵が好き、お習字が好き、手芸が好き、読書が好きという文系少女で(7歳でもう大よその方向性が決まるのおもしろい)足が速くないんですよ。どれくらい速くないかというと、タイム順にグループ分けされた最遅グループの一人で昨年は3人中3位というくらいです。つまり(ry


ただ僕すごく好きなところなんですけど、「ビリになった」って言わないで「3位だった」って言うところなんですよね。徒競走は2位まではそれぞれの組に得点が入るんですけど「あと少しで2位だったのに~」って言うんですよ。すごく良くないですか?で、今年は最遅グループの3人中2位。「もう少しで1位だったのに~」と申しておりました。


そして息子の運動会。年中なので2回目ですね。小学校と違って3学年しかないから出番の割合が多いし、そもそも時間が短いのでさくさく進みます。

f:id:superartlife:20160531173054j:plain

ちなみに30メートルくらいの徒競走、息子の方は1位。やったぜ。本人曰く走るのがいちばん好きらしく、いつも家の中の廊下を走ってるし、自転車で出かける時も一人だけ走って移動する時もあったり。誰に似たのかはわからないけど、天性で走るのが好きというのでちょっとだけ漫画「奈緒子」を思い出しましたね。風の子になるんだろうか…。

奈緒子(1) (ビッグコミックス)

奈緒子(1) (ビッグコミックス)


ここからが本文

f:id:superartlife:20160531164542j:plain

ハイライトはおんぶしての親子騎馬戦です。超楽しかったです。


ダークソウル3をやっている僕は、ここでフロム脳*1がいかんなく発揮ですよ。ちなみに僕らは白霊(※白組)。デモンズソウル発売から7年間、ゲームと言ったらソウルシリーズしかやってこなかったにもかかわらず、対人では即溶けてしまうほどゲーム下手。攻略では指しゃぶして白霊さんを3人呼んで、一撃食らったら背後に回ってエストぐびぐび、背後から投げナイフでささやかな削りをしながら、トドメの時だけ隙あらばバックスタブ(※背後からの致命の一撃)ですよ、5回に4回は死ぬけど……何を言ってるのか分からねーと思うが。

f:id:superartlife:20160531163353j:plain
(イメージ図)


つまり今回の親子騎馬戦は15人対15人の対人オンラインとまったく同義なので、戦略も同じです。ピストルの合図で特攻したら数人に囲まれて即効溶ける(※帽子取られる)に決まってるじゃないですか。だから合図と同時にむしろ一歩下がる。そして壁(白線)を背にしてバックスタブを取られないように移動。それでも背後を狙ってくる闇霊(※紅組)を軽ロリ(※軽量ローリング(攻撃を避ける動作のことです))で回避。そこら中で1対1、ないしは1対2~1対3の状況が起こっているので、最も強靭が減ってる(※態勢を崩して)闇霊(※紅組)を背後から我が息子のバックスタブ(※背後からの致命の一撃)で一撃ですよ。完全にノーリスクで大勝利です。このダークソウルの実体験で得た経験値により、3回戦で7体も対人で闇霊(※紅組)を溶かしましたよね。白組内いちの大活躍。まさに大勝利。

f:id:superartlife:20160531163148j:plain
(イメージ図)

息子とハイタッチして喜々として妻と娘が待っているシートに戻ったら「みんな『○○クンのパパ、全部後ろからこそっと帽子取っててなんか、、、すご、、、うまいねー!』って言ってたよ……」とのこと。
まあ遊びじゃないからな。

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)



ダークソウル3、超楽しいよ!!

関連記事




*1:ダークソウルシリーズを制作しているフロム・ソフトウェアの信者の蔑称

結婚してまる10年経ちました

ライフ 写真 結婚

10年前のこどもの日に入籍してからまる10年経ちました。「覚えやすいように。そして必ず休みの日なように」という理由でこどもの日に入籍したのは、今のところベリー大正解でした。10年前ということはつまり26歳ということで、よくもその歳で結婚をするということを決断したなと思うし、がんばってそれなりのホテルで式を挙げたんですけど、その歳で相当がんばりすぎでしょ。

f:id:superartlife:20160506110211j:plain

10年後のこどもの日には、結婚式を挙げたホテルに奥さんと二人でランチしに行きました。おいしいねって言いながら。

10年経っても何も変わらないよな〜〜……と、若さに対して図々しくは思わなくて、緩やかながらにいろいろなことが変わってるなと思います。そりゃ10年ですもの。以下、変わったことと変わってないこと。

変わったこと

  • 引っ越しをした

最初に住んだ家は猫を飼い始めてあらかじめ引っ越していた部屋で、そこに奥さんが参加して3生命体が一緒に暮らしたんですが、1年程度で今の家に引っ越しました。今の家、超快適です。ずっとここでいいかな。

  • 子どもが生まれた

最初の2年くらいは夫婦の時間と思って楽しんでましたが、よし子ども!と思ったらASAPでした。前に書いたかもしれないですが、一番最初は流産してしまったので、その時期は一番ハードな時期だったかもしれないですね。

  • もう一人生まれた

自分自身が一人っ子というのもあり、2人も子どもを作ってしまったという事実の後戻りできない感はすごかったですね。人類未踏の地に踏み込んでしまったというか。これからどうなっていくんでしょうねー。当面の悩みは、部屋数が足りなくなる事実が決まってるということですね。どうしよう。

  • 義母が亡くなった

大きなことでしたね。大きな病気だったし、まだ若かったし。家族はもう立ち直ってそれぞれの生活をしてるので、10年どころか3〜4年の時間で大体の感情は流れていくんだなあと実感しました。あとはうちの子どもたちがどれくらい忘れないでいてくれてるかな〜と、思いますね。なるべく長いといいな。

変わらないこと

  • 猫がいる

後藤真希コンサートツアー2004秋~あゝ真希の調べ~ 足利公演の帰り道のサービスエリアで拾った猫、元気に平和に健在です。でももう12歳か……。

  • 両親が健在

ありがたいことです。今のところ入院歴もなく病気の気配すらないです。いつまでも続くと思いがちなことだと思うので、日々を大事にしていきたいな。全てのことがそうですけど。

  • ヲタク

ヲタク。